Information

現地記事情報配信

ph_09

Rakhaing州Sittweで200エーカーの特別農地を使い野菜栽培

2014.12.15 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

Sittwe農業局によると、Rakhaing州の農民の収入を2倍向上、安心して食べられる野菜の地産地消を目的に、200エーカーの特別農地で野菜栽培が手がけられる。周辺4村のそれぞれ、100エーカー、50エーカー、30エーカー、20エーカーの土地で、ひょうたん、かぼちゃ、きゅうり、トマト、キャベツなど、地域に適した野菜を栽培する。農業局は、栽培研修や、ハイブリッドの種の無料配布を行う。同局によると、特別農地実施計画は、他の市でも同様に行われる予定だ。 ――MYANMA ALINN, 54(60), p.20

関連記事

【水産】毎年、輸出による売上1億5千万ドルを目指し、Pantanaw漁業計画を実施

ミャンマー漁業事業機構本部の副部長によると、Ayeyarwady Region、Pantanaw町、Dedote Mogote耕地の900エーカーの土地で、Pantanaw漁業計画を実施する予定だ。同... 記事を読む >

【資源】運営期限切れの翡翠などの宝石発掘場を再稼動する予定

Ministry of Natural Resources and Environmental Conservationによると、宝石に関する法律が施行されたため、運営期限が切れている、翡翠などの宝石... 記事を読む >

縫製業者、委託加工から独自輸出へ

昨日開催されたミャンマー縫製業協会の年次会において、U Soe Myint会長は、CMP方式で稼動されている縫製業で独自の輸出が可能になれば、賃金の向上や利益上昇につながる、と話した。2013年、20... 記事を読む >

  • 2020年10月 (8)
  • 2020年9月 (27)
  • 2020年8月 (4)
  • 2020年7月 (28)
  • 2020年6月 (12)
  • 2020年5月 (4)