Information

現地記事情報配信

ph_06

外貨を販売しない民間銀行を処罰

2014.12.08 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

ミャンマー中央銀行外国為替企画局の副局長によると、2014年11月24日より、外貨の買い取りのみ行い、販売を行わない民間銀行を対象に、当局の情報調査グループが取り調べを実施している。丌正行為が見つかった場合、外国為替ライセンスの停止処分、銀行運営ライセンスの停止処分、罰金もしくは懲役刑を科することとなる。外国為替の買い取りはするが販売を行わないという丌正行為は、ドル高になる要因の一つであると考えられる。同局は、ミャンマー為替市場を適切にコントロールするために、今回の計画を実施した。 ――MYANMAR POST, 6(46), p. A

関連記事

畜産飼料用米ぬかの輸入検討

ミャンマー畜産配合飼料販売業者組合によると、畜産用配合飼料の米ぬかを海外から輸入するための協議を行っているという。現在、インド側が米ぬか250ドルを提示しているが、ミャンマー側は、200ドルで購入予定... 記事を読む >

【飲料】ビール等のアルコール生産により5ヵ月間で得た特別物品税は1,870億チャット以上

Ministry of Planning and Finance、Department of Customによると、2018年10月1日~2019年2月28日までの5ヶ月間での、ビール等のアルコール類... 記事を読む >

Rakhaing州Sittweで200エーカーの特別農地を使い野菜栽培

Sittwe農業局によると、Rakhaing州の農民の収入を2倍向上、安心して食べられる野菜の地産地消を目的に、200エーカーの特別農地で野菜栽培が手がけられる。周辺4村のそれぞれ、100エーカー、5... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)