Information

現地記事情報配信

ph_10

国内材木業者に今年、約40万トンを販売

2014.09.08 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

国内材木販売局の担当者によると、昨年は10万トンであった材木販売数を今年は40万トンにする計画がある。海外への丸太輸出が禁止となった今年4月以降、当局によってヤンゴンとMandalayで毎月1回程度1万トン以上が販売されている。大規模な材木商は1,000人以上が存在しているが、材木卸市場には、通常は300人程度が参加する。雨季中は材木利用が少なく、保管も困難なため、在庫を多く抱えることができない。現在、海外輸入の材木に対抗するため、国内の製材機材類が整備されている。また、政府の製材所は国内30ヶ所のうち7ヵ所のみが稼動し、5万トンを製材している。ミャンマー鉄道の枕木や軍使用分を除いて、乾季より1ヶ月2万トンを限度に販売される。 ――POPULAR NEWS, 6(34), p.3

関連記事

【鉄鋼】Thakehta地区鉄鋼工場、年間4万トン製造と2,000人雇用まで拡大予定

日本と提携しThakehta地区で稼働する鉄鋼工場(J&M)では、鉄鋼が年間1万トンまで製造可能であるが、来年は2万トンまで製造し、現在350人の被雇用者を700人まで増員する予定だ。12月5日、来年... 記事を読む >

【薬品】国内の医薬品生産量を増大

Ministry of Industryの関係者によると、国内の需要拡大に伴い、国内外の企業と協力しながら、医薬品の生産量と販売店舗数を増大する計画である。現在、薬品工場は、ヤンゴンのInsein市、... 記事を読む >

【観光】Hakha市に四つ星のホテル3軒を建設

10月12日の、Chin Stateの大臣の発言によると、2年以内に同State、Hakha市に、四つ星のホテル3軒を建設する。同ホテル3軒の建設に関し、Chin Stateの建築会社、Mandala... 記事を読む >

  • 2020年7月 (12)
  • 2020年6月 (12)
  • 2020年5月 (4)
  • 2020年4月 (4)
  • 2020年3月 (16)
  • 2020年2月 (20)