Information

現地記事情報配信

ph_16

【畜産】中国-ミャンマー国境で牛と水牛の違法販売が増加

2021.02.16 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

Mandalay Regionの牛・水牛販売団体の会長によると、中国-ミャンマー国境での牛と水牛の違法販売が増加している。中国の購入者は違法な市場で購入しているため、合法で運営している市場の販売者が困惑している。以前は輸出承認が下りて3ヶ月以内に輸出可能になっていたが、現在は、15日以内に輸出することになっており、100頭の牛を輸出するには、100頭の牛の畜産の証明が必要になる。100頭の牛の畜産の証明ができない場合、1頭当たり、5万円の保証金を支払わなければならないが、違法市場で輸出するには、1頭当たりは3万円であるため、違法市場での販売が増加した。現在、合法で中国へ輸出するため、Museに1万5,000頭の牛と水牛がいるが、中国は、違法市場のChin Shwe Haw、Lwegel国境からしか、購入していない。 ――MYANAMR TIMES , 5(27), p. 7

関連記事

【資源】国内ガソリンの生産率上昇に向け、ミャンマー人所有の小型石油生産事業開始を許可

Ministry of Electrical Power and Energyによると、国内のガソリンの生産率を上昇させるため、ミャンマー人が所有する小型石油生産事業者に対し、事業稼動ライセンスの申請... 記事を読む >

【栽培】畜産業用餌となる大豆の栽培を拡大すべき

Myanmar Livestock Federationは、畜産業用餌となる大豆の栽培を拡大すべきと主張している。現在、大豆を他国から多く輸入しており、2019年に60万トン以上、今年の輸入量は80万... 記事を読む >

【不動産】高速バスターミナルが含まれるミャンマー初の住宅計画の開発が開始

ヤンゴンRegion、South Okkalarpa郡区の、Parami道路とWaizayandar道路の角に位置する土地(旧Paramiバスターミナル)において実施される、高速バスターミナルが含まれ... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)