Information

現地記事情報配信

ph_18

【食品】Chin州(南)のコンニャク芋をMandalay市場に輸出

2021.01.22 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

Yayzwa市のコンニャク芋栽培者によると、Chin州南部、Kanpetlet、Matupi、Mindat、Yayzwa地域から、およそ100万Vissのコンニャク芋を、Mandalay市場に輸出している。Chin州では、北部より南部にコンニャク芋畑が多く、Chin State Agriculture Departmentによると、2018会計年度のChin州(南部)のコンニャク芋畑は、8,800エーカーだったが、2019会計年度にはChin州政府の支援より、コンニャク芋購入者が増加したため、コンニャク市場が好調になり、コンニャク畑も15,000エーカーになった。Chin州(南部)では、白、赤、黄色のコンニャク芋を栽培しており、黄色のコンニャク芋畑では1エーカー当たり、3,000~5,000Vissが生産されている。最近では、生コンニャク芋の1Viss当たりの価格が2~2,500チャットで、加工済み(刻んで干されたもの)のコンニャク芋の1Viss当たりの価格が10~15万チャットである。 ――MYANMAR TIMES, 4(341), p. 9  

関連記事

【媒体】全国規模で2年以内に映画館100軒以上を建設予定

7月2日にCITY FMオフィスにて開催された、MAZE社のLwin Moe社長の記者会見によると、映画館が存在しない地域に、2年以内に映画館100軒以上を建設する計画である。人口およそ2,000万人... 記事を読む >

【製造】ミャンマーで生産したたばこを100%輸出

ミャンマー投資委員会(Myanmar Investment Commission:MIC)によると、ミャンマー国内で生産したたばこを、他国に100%輸出する予定だ。同委員会によると、同事業をPhuu ... 記事を読む >

シンガポールの保険会社、火災保険に関して技術支援

Myanma Insuranceの責任者Aye Min Thein氏は6月26日、同社への火災保険に関する技術支援について、シンガポールに拠点を置くMunich Re保険会社と協議中であると述べた。M... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)