Information

現地記事情報配信

ph_19

【縫製】国内製のPPE輸出に困難

2021.01.08 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

ミャンマー国内の縫製工場5軒がPPE(感染症対策のための個人防護具)を製造し、他国へ輸出しているが、世界のPPE市場の70%を中国が占拠しているため、市場への進出が困難である。上記のPPE縫製工場はヤンゴンとBagoにあり、DaNa Facilityが民間縫製企業分野に対し、新製品が製造できるよう支援している。現在、縫製企業からは60万人に就職機会を創出しており、その内95%は女性労働者である。ミャンマー縫製団体によると、2018年には、縫製品輸出により、およそ46億ドルの収入があったが、2024年には、100億ドルを想定している。2015年には、既製服の輸出により14億6,000万ドルの収入があり、ミャンマー全国の輸出による収入の内、10%を占めた。 ――DAILY ELEVEN , p. 16

関連記事

国内2社に国際宅配便事業許可

2015年初めより、政府は、国内2社に対して国際宅配便事業の許可を出す。現在3社が、世界200か国以上へ宅配便事業を行っているが、新規にUSCとMyanmar USCが参入する。契約期間は5年間で、年... 記事を読む >

【保検】ミャンマーの保険加入率は10%で、火災保険と自動車保険の加入者が最多

Ministry of Planning and FinanceのGeneral Managerによると、ミャンマーにおける保険の加入率は10%であり、火災保険と自動車保険の加入者が最も多い。国内の保... 記事を読む >

【水産】2015-2016年度にSagaing Regionで魚8,520万トンVissを生産

2006年に発足したSagaing RegionのFisheries Federationの2015-2016年度のレポートによると、同年度にSagaing Region内に存在する養殖池は7,000... 記事を読む >

  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)
  • 2020年10月 (12)
  • 2020年9月 (27)
  • 2020年8月 (4)