Information

現地記事情報配信

ph_18

【車両】車両の初期登録業務停止の影響で、SUZUKIが自動車生産業を一時中止

2020.12.18 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

昨今の新型コロナウィルス流行の影響により、Road Transport Administration Departmentが、車両の初期登録業務を停止していた。そのため、SUZUKI (Myanmar) MOTOR社の関係者によると、Thilawa経済特区に所在するSUZUKI Thilawa Motor社及びSouth Dagon工業団地のSUZUKI (Myanmar) MOTOR社によって生産された自動車2,100台以上が初期登録されていない状態であるため、同社がERTIGA、SWIFT、CIAZ、CARRYトラックの生産業を一時中止している。現在、車両の初期登録が完了していない自動車2,100台を7ヵ所の倉庫を賃借し、保管している。SUZUKI Thilawa Motor社の社長が、「2019年8月までにミャンマー車市場では、10,428台を販売しており、2020年末までには、15,000台まで製造・販売すると想定している。」と語った。 ――DAILY ELEVEN NEWS, p. 16

関連記事

【食品】他国へ国産のコーヒー豆約1,000トンの輸出を希望

ミャンマー産コーヒー豆製造企業機構の機構長の発言によると、2020年の収穫期は、国産のコーヒー豆2,000~2,500トンを製造し、その内、約800~1,000トンを他国に輸出、残りは国内販売用と国境... 記事を読む >

MPU Gatewayが設立――国内でオンラインでの支払いが可能に

Myanmar Payment Union (MPU)がミャンマー国内でGatewayを設立し、来年初頭にはMPUカードを使用したオンラインでの支払いが可能となる。MPUのメンバーであるCB銀行による... 記事を読む >

【食品】新型コロナウィルス流行の影響で、コーヒーの輸出量が減少

新型コロナウィルス流行の影響で、国内では、コーヒー市場が崩壊に近い状況になっており、来年には、他国への輸出量も更に減少する見込みである。Myanmar Coffee Associationによると、国... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)