Information

現地記事情報配信

ph_17

【農業】今年度の10ヶ月半で農産物の輸出より34億ドル以上を獲得

2020.09.23 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

ミャンマーは、海上輸送システムと国境貿易区経由で他国へ主に農産物、水産物、鉱物、林産物、縫製品等を輸出している。人口全体のおよそ70%は、農業と畜産業に従事しており、輸出量では全体のおよそ30%を占めている。農村では、人口のおよそ85%が農業と畜産業に従事している。Ministry of Commerceによると、今年度の10ヵ月半で農産物の輸出により34億ドル以上を獲得し、昨年度の同期間より5億ドル上回った。今年度の予想では、輸出総額は155億ドル、輸入総額は175億ドルで、10ヵ月半の時点で輸出総額が146億ドル以上を記録している。 ――DAILY ELEVEN NEWS, p. 6

関連記事

【不動産】高速バスターミナルが含まれるミャンマー初の住宅計画の開発が開始

ヤンゴンRegion、South Okkalarpa郡区の、Parami道路とWaizayandar道路の角に位置する土地(旧Paramiバスターミナル)において実施される、高速バスターミナルが含まれ... 記事を読む >

【資源】2017年内に沖合における新たな石油・天然ガス田37箇所を掘削予定

Ministry of Electricity and Energy傘下のMyanma Oil and Gas Enterprise(MOGE)の副事務次官によると、MOGEは年内に沖合における新たな... 記事を読む >

高品質の養殖用餌材料をインド、アルゼンチン、ブラジルなどから輸入

ミャンマーの魚やエビ用の餌に関する生産者協会の会長によると、高品質でリーズナブルな養殖用の餌の材料がインド、アルゼンチン、ブラジルなどから輸入される。同協会は、輸入に関し当該国の生産者協会と連携してお... 記事を読む >

  • 2020年10月 (8)
  • 2020年9月 (27)
  • 2020年8月 (4)
  • 2020年7月 (28)
  • 2020年6月 (12)
  • 2020年5月 (4)