Information

現地記事情報配信

ph_19

【水産】他国から魚を含む水産物の発注量が増加

2020.09.10 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

Myanmar Fishery Federationの秘書によると、他国からミャンマー産魚と海老を含む水産物の発注量が増加しているが、新型コロナウィルス流行の影響で、輸送が困難な状況である。今年の5月末までに、6億ドル相当の魚と海老を含む水産物を他国へ輸出しており、中でも中国への輸出量が最多で、日本とヨーロッパ諸国を含む世界中の40ヶ国以上へ輸出している。ミャンマーには魚、海老、カニの養殖場およそ50万エーカーが存在している。Myanmar Fishery Federationによると、新型コロナウィルスが発生する前は、他国へ輸出する工場や、ヤンゴンのShwe Padauk魚市場、Central Sanpya魚市場、Ngwe Pin Lel魚市場等へ1日に付き水産物65万トンを配給していたが、新型コロナウィルス流行拡大時期にはおよそ25万トンしか配給できていない。 ――NEWS WATCH, 15(19), p. 4

関連記事

【資源】航空燃料販売事業を民間企業と合弁で実施予定

Ministry of Electrical Power and Energy傘下のMyanmar Petroleum Products Enterprise(MPPE)の関係者によると、MPPEが管... 記事を読む >

【水産】2018年度の中国への水産物輸出による収益約2億ドルの内ウナギは6千万ドル以上

ミャンマー漁業総合機構の報告によると、2018年10月初め~2019年9月末の、中国への水産物輸出による収益は総額約2億ドルで、その内ウナギ輸出による収益は総額6千万ドル以上であった。上記輸出量と収益... 記事を読む >

【資源】天然ガス輸出量、2020年以降減少

ミャンマー原油・天然ガス事業アドバイザーによると、新規天然ガス油田を開発できなければ、2020年以降、海外への輸出量が減少すると思われる。現在、国内の4大油田計画で産出されるガスは、1日19億立法フィ... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)