Information

現地記事情報配信

ph_19

【栽培】畜産業用餌となる大豆の栽培を拡大すべき

2020.08.07 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

Myanmar Livestock Federationは、畜産業用餌となる大豆の栽培を拡大すべきと主張している。現在、大豆を他国から多く輸入しており、2019年に60万トン以上、今年の輸入量は80万トン以上になると予測されている。Myanmar Livestock Federationの副会長によると、畜産業用餌として国内で主に使われるトウモロコシを他国へ輸出する場合は、国内の需要量を確認した上で、輸出を許可すべきである。トウモロコシを使用した畜産業用餌は、2017年におよそ200万トン、2018年に230万トン、2019年に260万トン製造されており、今年は30万トン製造する予定である。 ――MODERN, 718, p. 2

関連記事

【農業】アカシア樹脂売上増加に伴う価格高騰により、アラビアゴムノキ農家が栽培を拡大

Magwe Region、Min Bu郡区の栽培課の管理者の発言によると、今年、同Region、Min Bu郡区で、アカシア樹脂の売上増加に伴い価格が上昇している。今年は、アラビアゴムノキ(Acaci... 記事を読む >

【貿易】国家の輸出戦略プラン(National Export Strategy)に宝石類と農産物製造業を追加

Ministry of Commerce傘下のDepartment of Trade Promotionによると、国家の輸出戦略プラン(National Export Strategy)における輸出戦... 記事を読む >

【電力】合計1,000メガワット以上の発電計画5件に関して入札を募集した

燃料ガス発電所、海上発電装置と給電用船舶を利用した、合計1,040メガワットの発電計画5件に関し、入札を募集した。同計画5件の予定地は、Kyun Chaung、Ahlone、Kyauk Phyu、Th... 記事を読む >

  • 2020年10月 (8)
  • 2020年9月 (27)
  • 2020年8月 (4)
  • 2020年7月 (28)
  • 2020年6月 (12)
  • 2020年5月 (4)