Information

現地記事情報配信

ph_17

【水産】2018年度の中国への水産物輸出による収益約2億ドルの内ウナギは6千万ドル以上

2020.03.31 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

ミャンマー漁業総合機構の報告によると、2018年10月初め~2019年9月末の、中国への水産物輸出による収益は総額約2億ドルで、その内ウナギ輸出による収益は総額6千万ドル以上であった。上記輸出量と収益の内訳は、様々な魚類2万4,000トン以上、価格にして総額4,661万4千ドル、エビ4,200トン以上、価格にして総額1,093万3千ドル、その他の水産物10万9千トン以上、価格にして総額1億4,224万4千ドル、生ウナギ約1万9,000トン、価格にして6,054万9千ドルである。同総合機構の書記長の発言によると、水産物の中国市場への輸出を行うとともに、欧州連合(EU)、アメリカ、中東欧、日本、韓国市場への輸出拡大と利益獲得を目指し、水産物市場で必要に応じて生産拡大していく。それにより、国内の就職機会も多くなる見込みだ。 ――MYANMA ALINN, 59(147), p. 24  

関連記事

【栽培・水産】30カ国以上がミャンマーの水産物、畜産物、栽培物の購入を申し出

Ministry of Commerceによると、30カ国以上が、ミャンマー産の水産物、畜産物、栽培物等の購入を申し出た。上記30カ国には、中国、ベトナム、EU、アメリカ、シンガポール、クウェート、サ... 記事を読む >

【貿易】国家の輸出戦略プラン(National Export Strategy)に宝石類と農産物製造業を追加

Ministry of Commerce傘下のDepartment of Trade Promotionによると、国家の輸出戦略プラン(National Export Strategy)における輸出戦... 記事を読む >

2014-2015年度の初めの3ヶ月で米31万トン以上を輸出、ロシアへの輸出量が最多

商務省の責任者によると、ミャンマーの米輸出量は、2014-2015会計年度の初めの3ヶ月(4~6月)で、31万トン以上であった。そのうち、10,500トン以上はロシアへ、10,400トンは中国へ、6,... 記事を読む >

  • 2020年8月 (4)
  • 2020年7月 (28)
  • 2020年6月 (12)
  • 2020年5月 (4)
  • 2020年4月 (4)
  • 2020年3月 (16)