Information

現地記事情報配信

ph_19

【青果物】ミャンマー産果物8種類を国境ゲート数ヵ所から中国へ法的に輸出する許可を取得

2020.01.24 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

12月14日のミャンマー果実・花卉・野菜生産輸出業協会の秘書の発言によると、以前、ミャンマー産青果物8種類の、Muse国境ゲート経由での輸出許可を取得し輸出していたが、現在は、他の国境ゲート数ヵ所からも、中国へ法的に輸出する許可を取得している。ミャンマー産のリュウガン、ランブータン、ライチ、マンゴスチンは、どの国境ゲートでも輸出可能で、スイカ、マスクメロン、マンゴー、ナツメの実は、Shwe Li、Mine La Tar Loneの2ヶ所の国境ゲートから、中国へ法的に輸出する許可を取得した。以前は、中国への青果物の輸出に関しては、Muse Shwe Li国境ゲート経由で主に行っていたが、輸送が困難で貨物損失等のトラブルもあったため、他の国境ゲートからも輸出する許可を取得した。その結果、輸送費が削減でき、利益も増加した。 ――PYI MYANMAR, 1208, p. 23

関連記事

【農業】雨期に米栽培地10万エーカー以上で契約農業を実施

Myanmar Rice Federationによると、今年の雨期に米栽培地10万エーカー以上で、契約農業方式を採用し実施している。Myanmar Rice Federationに登録している企業が契... 記事を読む >

宝石展示会を開催

ミャンマー宝石展示会中央委員会は、鉱業省の主催で50回目の宝石展示会を、ネピドーのMani Yadana翡翠博物館とミャンマー宝石博物館で2014年6月24から7月6日に開催する。国内宝石事業者の翡翠... 記事を読む >

【資源】原油と天然ガス事業でアジアトップを見込むミャンマー

PTT Exploration and Production社によると、エネルギー資源価格の下落にもかかわらず、国内外の投資家は、原油探索の事業を開始し、国内の油田地帯は、アジアでトップを見込む地域と... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)