Information

現地記事情報配信

ph_15

【青果物】中国が高値で輸入している影響でミャンマー産スイカとキュウリの栽培量が増加

2020.01.17 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

ミャンマー産のスイカとキュウリを、中国が高値で輸入している影響で、Mandalay RegionとSagaing Region内で栽培量が増加している。中国の農業者らは、スイカの栽培期に、ミャンマー国内で1エーカーの農地を300万チャット以上で借りて栽培を行っているが、今年は、豆や通常収穫している果物の栽培量は減少している。昨年、ミャンマー産スイカの輸出により、1トン当たり3,500元(為替尻、約75万チャット)の収入を、今年の初めには、1トン当たり2,600元(為替尻、約55万チャット)の収入を得て、ミャンマーの農業者らは、成功の喜びをかみしめている。ミャンマーのスイカ、キュウリ生産販売機構の機構長の発言によると、ミャンマーのスイカ、マスクメロン、マンゴー、ナツメの実、ライチ、ランブータン、マンゴスチン、ドリアンの8種類の青果物を中国に輸出しており、その中でも中国の輸入量が多い青果物は、スイカとキュウリである。 ――NEWS WATCH, 14(38), p. 23

関連記事

外貨を販売しない民間銀行を処罰

ミャンマー中央銀行外国為替企画局の副局長によると、2014年11月24日より、外貨の買い取りのみ行い、販売を行わない民間銀行を対象に、当局の情報調査グループが取り調べを実施している。丌正行為が見つかっ... 記事を読む >

【資源】運営期限切れの翡翠などの宝石発掘場を再稼動する予定

Ministry of Natural Resources and Environmental Conservationによると、宝石に関する法律が施行されたため、運営期限が切れている、翡翠などの宝石... 記事を読む >

【燃料】タイの技術支援を受け、雄牛排泄物よりバイオガスを生産

Red Horse Dairy Industries Limitedの社長によると、タイのChiang Mai大学の技術支援を受け、雄牛排泄物よりバイオガスを生産する予定だ。同社長によると、同計画に関... 記事を読む >

  • 2020年9月 (27)
  • 2020年8月 (4)
  • 2020年7月 (28)
  • 2020年6月 (12)
  • 2020年5月 (4)
  • 2020年4月 (4)