Information

現地記事情報配信

ph_14

【車両】Suzukiが車両製造量を増加

2019.11.01 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

Suzuki Myanmar Motor社が、2018年に製造した新車は1万2千台であったが、今年はミャンマー国内におけるSuzuki自動車の購買力が増加しため、2019年には1万5千台を製造しており、来年は更に製造量を増やす予定である。現在、Suzukiが、ミャンマーの新車市場の60%以上を占有している。Suzuki Myanmar Motor社は、2013年にSouth Dagon工業区にて工場を開設し、キャリートラック(CARRY TRUCK)の製造を開始した。2016年にErtigaを、2017年にはCiazを製造し、2018年には、Thilawa経済特区で新規工場を開設した。現在、ミャンマー市場では、ErtigaとCiazがおよそ2,700万チャット、Suzuki GLXが2,400万チャット、Suzuki GLが2,000万チャットで販売されている。 ――MYANMAR TIMES, 48(950), p. 15

関連記事

タイとミャンマーは靴製造業を協同で運営するためにMOUに調印

タイの商務省外国貿易局(Department of Foreign Trade)は、ミャンマーとタイの靴製造業者が協同で製造業を行うために、7月9日Chatrium Hotelにおいて了解覚書(MOU... 記事を読む >

シンガポールの保険会社、火災保険に関して技術支援

Myanma Insuranceの責任者Aye Min Thein氏は6月26日、同社への火災保険に関する技術支援について、シンガポールに拠点を置くMunich Re保険会社と協議中であると述べた。M... 記事を読む >

【水産】アメリカを含む10ヶ国にミャンマー産エビを輸出

Department of Irrigationによると、ミャンマー産のエビを、食料品の安全性保護を重視しているアメリカ、オーストラリア、中国等を含む10ヵ国に輸出している。同課によると、ミャンマー産... 記事を読む >

  • 2019年12月 (4)
  • 2019年11月 (20)
  • 2019年10月 (12)
  • 2019年9月 (16)
  • 2019年8月 (16)
  • 2019年7月 (12)