Information

現地記事情報配信

ph_17

【食品】毎年、海外市場にミャンマー産コーヒー400トン以上を輸出

2019.08.16 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

ミャンマー産コーヒー生産販売機構の責任者の発言によると、毎年、海外市場に、ミャンマーの山脈で栽培したコーヒーを、400トン以上輸出している。同機構の責任者の発言によると、ミャンマー産コーヒーの輸出額は、1年間で1千万ドル以上であり、現在、アメリカ、中国、ドイツ、日本を含む世界16か国の市場へ輸出している。今後、更にミャンマー産コーヒーの栽培を拡大する必要がある。2013年から現在まで、アメリカの国際開発局がミャンマー産コーヒーの栽培を支援しており、7月17日には、同局が11のコーヒー生産販売機構と、ミャンマー産コーヒーの販売市場の促進に関し、交渉会を行った。同交渉会で、ミャンマー産コーヒーの生産販売機構とアメリカの国際開発局が、コーヒーの栽培生産業者8,000人以上に対し、民間銀行から100万ドルのローンを貸し付けてもらえるように支援し、コーヒー栽培の新技術も支援した。 ――NEWS WEEK, 2(5), p. 5

関連記事

モン州の小規模ゴム農園を、国際団体が11月より支援

国際援助団体Swiss Agency for Development and Cooperation(SDC)が、小規模ゴム農園の発展と長期的なゴム生産量の安定を目的に、小規模ゴム農家を支援する。SD... 記事を読む >

【区域】市場供給と雇用創出のため、工業団地を6ヶ所新設

Ministry of Industryによると、ミャンマーの市場供給と地方の雇用創出を目的に、2015年末に地方6カ所に工業団地を開設する。近年の市場経済発展を更に勢い付けるべく、現在、19ヶ所の工... 記事を読む >

【車両】3月より1年当たり500台のDaewoo Busをミャンマー国内で製造

Daewoo Bus Myanmar社の社長によると、同社は3月末より、2種類の自動車を、SKD(Semi Knock Down)方式で、国内で初めて製造する予定だ。1年当たりの製造台数は、500台の... 記事を読む >

  • 2020年2月 (8)
  • 2020年1月 (12)
  • 2019年12月 (12)
  • 2019年11月 (20)
  • 2019年10月 (12)
  • 2019年9月 (16)