Information

現地記事情報配信

ph_17

【食品】毎年、海外市場にミャンマー産コーヒー400トン以上を輸出

2019.08.16 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

ミャンマー産コーヒー生産販売機構の責任者の発言によると、毎年、海外市場に、ミャンマーの山脈で栽培したコーヒーを、400トン以上輸出している。同機構の責任者の発言によると、ミャンマー産コーヒーの輸出額は、1年間で1千万ドル以上であり、現在、アメリカ、中国、ドイツ、日本を含む世界16か国の市場へ輸出している。今後、更にミャンマー産コーヒーの栽培を拡大する必要がある。2013年から現在まで、アメリカの国際開発局がミャンマー産コーヒーの栽培を支援しており、7月17日には、同局が11のコーヒー生産販売機構と、ミャンマー産コーヒーの販売市場の促進に関し、交渉会を行った。同交渉会で、ミャンマー産コーヒーの生産販売機構とアメリカの国際開発局が、コーヒーの栽培生産業者8,000人以上に対し、民間銀行から100万ドルのローンを貸し付けてもらえるように支援し、コーヒー栽培の新技術も支援した。 ――NEWS WEEK, 2(5), p. 5

関連記事

【保険】損保ジャパンが、ミャンマー農民を一部支援

日本発の記事によると、損保ジャパンが、ミャンマーの農民に対し、気候変動により作物に影響が出た場合の保険の提供を始める。同記事には、日本の保険会社は、ミャンマー国内における単独での業務許可が下りていない... 記事を読む >

【ICT】今後5年間で、ICT分野の輸出量が10億ドル以上になるように拡大

Myanmar Computer Federation(MCF)によると、今後5年間でICT(Information and Communication Technology)分野の輸出量が10億ドル... 記事を読む >

【製造】1日5,000袋を生産可能なセメント工場を2月に開設

12月31日、Ministry of IndustryのMaung Myint大臣は、Mandalay Region Kuankse工業団地にあるMyanmar Conch Cement Co.,Lt... 記事を読む >

  • 2020年7月 (12)
  • 2020年6月 (12)
  • 2020年5月 (4)
  • 2020年4月 (4)
  • 2020年3月 (16)
  • 2020年2月 (20)