Information

現地記事情報配信

ph_18

【食品】中国への精糖の輸出許可を再取得し、5ヶ月以内に精糖12万トン以上を輸出予定

2019.07.12 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

Myanmar Sugar & Cane Related Products Associationの報告によると、ミャンマー産の精糖12万トン以上の輸出に向け、6月12日に同意契約書に署名し、5ヶ月以内に輸出する予定だ。同会の副会長の発言によると、中国に精糖を輸出するため、中国の関連責任者が、中国へ輸出予定のミャンマー産精糖の品質と精糖所の管理について検査する予定で、Ministry of Agriculture, Livestock and Irrigationによる害虫防除の証明も必要になる。現在、国内で過去に生産された精糖や再輸出の目的で他国から輸入した精糖等がおよそ80万トン既に確保されており、現在からおよそ6ヶ月間で新たに生産される量も加えると中国へ輸出するための12万トンに達成する見通しである。ミャンマー産の精糖の輸出に関し、MoUに署名した、ミャンマーの製糖会社Ngweyee Palal社と中国のShweli Tharhtun社が、販売価格の交渉を行う予定だ。国産の精糖の価格は1 Viss当たり100~200チャットまでで、昨年と比較すると、1トン当たり5,000チャット値下がりしている。 ――NEWS WATCH, 14(14), p. 31

関連記事

【資源】Koko島近海のMD-2で深海油田事業が具体化

Ministry of Energy 原油・天然ガス公社とイタリアのeni Myanmar社が、提携事業である深海油田事業の第1期を、4ヶ月間にわたり、Yangon Region Koko島近海のMD... 記事を読む >

【食品】ハチミツの輸出額は年間約400万ドル、ハチの飼育を拡大して実施予定

6月14日のミャンマーハチ飼育事業機構の通告によると、ミャンマーのハチ飼育事業者は約1,000人で、他国へのハチミツの輸出額は年間370万ドル以上であるが、ハチの飼育をRegion 2ヶ所で拡大して実... 記事を読む >

スズキ、新デザイン車、2015年中旬に国内市場で販売予定

U Maung Myint工業大臣が、Dagon地区工業団地のスズキミャンマー株式会社で、新デザイン車を視察した。まず、同社社長や担当より事業に関しての説明があり、その後、大臣は工場内の溶接、組み立て... 記事を読む >

  • 2019年7月 (8)
  • 2019年6月 (16)
  • 2019年5月 (16)
  • 2019年4月 (12)
  • 2019年3月 (20)
  • 2019年2月 (16)