Information

現地記事情報配信

ph_19

【車両】自動車輸入率の加工に伴い、国産車の製造率が上昇

2019.02.08 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

ミャンマー自動車製造・販売業者協会(MAMDA)によると、現在、他国からの自動車輸入率が下降し、国内における自動車製造率が上昇していることから、比較的大きな構成部品があらかじめ組立て、塗装、溶接済みの状態で輸入され、現地では比較的簡素な組立て作業のみを行うSemi Knock Down(SKD)方式が、自動車市場で多く取り入れられている。現在、SKD方式を導入し、国内で自動車製造業を営むケースは10件以上あり、様々な種類の自動車を製造する予定だ。現在、自動車販売市場内で多数を占めている日本の中古車に比べ、価格が上昇傾向にある国産車を分割払いで販売している。現在、ヤンゴンRegionの政府機構とMinistry of Commerceが、ヤンゴンRegionの自動車ライセンスを再許可する予定だが、詳細はまだ公表されていない。 ――NEWS WEEK, 2(79), p. 24

関連記事

【資源】第56回ミャンマー宝石展示即売会を開催

3月20日、Naypyitaw市、Mani Yadana Jade Hallにて、第56回ミャンマー宝石展示即売会が、ミャンマー宝石展示即売委員会主催により、開催された。同展示即売会では、4億7,41... 記事を読む >

【観光】Teetain、Hakha、Kanpetletでコミュニティベース観光を開発予定

旅行会社等と協力し、今年の観光シーズンに、Chin StateのTeetain、Hakha、Kanpetlet地域において、コミュニティベース観光を開発する予定である。現在、Chin Stateに来訪... 記事を読む >

【製造】ミャンマーで生産したたばこを100%輸出

ミャンマー投資委員会(Myanmar Investment Commission:MIC)によると、ミャンマー国内で生産したたばこを、他国に100%輸出する予定だ。同委員会によると、同事業をPhuu ... 記事を読む >

  • 2019年4月 (8)
  • 2019年3月 (20)
  • 2019年2月 (16)
  • 2019年1月 (16)
  • 2018年12月 (16)
  • 2018年11月 (20)