Information

現地記事情報配信

ph_19

【車両】自動車輸入率の加工に伴い、国産車の製造率が上昇

2019.02.08 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

ミャンマー自動車製造・販売業者協会(MAMDA)によると、現在、他国からの自動車輸入率が下降し、国内における自動車製造率が上昇していることから、比較的大きな構成部品があらかじめ組立て、塗装、溶接済みの状態で輸入され、現地では比較的簡素な組立て作業のみを行うSemi Knock Down(SKD)方式が、自動車市場で多く取り入れられている。現在、SKD方式を導入し、国内で自動車製造業を営むケースは10件以上あり、様々な種類の自動車を製造する予定だ。現在、自動車販売市場内で多数を占めている日本の中古車に比べ、価格が上昇傾向にある国産車を分割払いで販売している。現在、ヤンゴンRegionの政府機構とMinistry of Commerceが、ヤンゴンRegionの自動車ライセンスを再許可する予定だが、詳細はまだ公表されていない。 ――NEWS WEEK, 2(79), p. 24

関連記事

【薬品】FAME社の医薬品をロシアに輸出

医薬品メーカーFAME社によると、同社製の有機体薬品とサプリメント、NONIFIT GOLDブランドの医薬品を、ロシアとユーラシア関税同盟(ロシア・ベラルーシ・カザフスタン3か国関税同盟)に、2018... 記事を読む >

【不動産】ミャンマー初オーシャンフロントの高級コンドミニアム、Myeik市に建設予定

Tanintharyi Region、Myeik市のMyeik Shopping Centerの付近に海沿いに、ミャンマー初となる、オーシャンフロントの高級コンドミニアムが、建設される予定である。建設... 記事を読む >

【区域】国内初のクレジットカードを給与所得者、事業主、退職者が利用可能に

給与所得者、事業主、退職者を対象にしたミャンマー国内初のクレジットカードが、3月14日より、全国のAyeyarwady銀行から発行される。同カードを利用すると、月末に利用書が送付され、翌月20日の支払... 記事を読む >

  • 2019年2月 (16)
  • 2019年1月 (16)
  • 2018年12月 (16)
  • 2018年11月 (20)
  • 2018年10月 (12)
  • 2018年9月 (12)