Information

現地記事情報配信

ph_19

【車両】自動車輸入率の加工に伴い、国産車の製造率が上昇

2019.02.08 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

ミャンマー自動車製造・販売業者協会(MAMDA)によると、現在、他国からの自動車輸入率が下降し、国内における自動車製造率が上昇していることから、比較的大きな構成部品があらかじめ組立て、塗装、溶接済みの状態で輸入され、現地では比較的簡素な組立て作業のみを行うSemi Knock Down(SKD)方式が、自動車市場で多く取り入れられている。現在、SKD方式を導入し、国内で自動車製造業を営むケースは10件以上あり、様々な種類の自動車を製造する予定だ。現在、自動車販売市場内で多数を占めている日本の中古車に比べ、価格が上昇傾向にある国産車を分割払いで販売している。現在、ヤンゴンRegionの政府機構とMinistry of Commerceが、ヤンゴンRegionの自動車ライセンスを再許可する予定だが、詳細はまだ公表されていない。 ――NEWS WEEK, 2(79), p. 24

関連記事

【農業】韓国市場へ毎日600viss以上のアスパラ輸出を計画

Nepyitaw政府の農地で、農民の高収入源となる、さとうきび、ひまわり、アスパラ、ひょうたん、トマト、なす、はやとうりなどの作物において、農業専門家の指導を受けながら一村一品運動が行われている。My... 記事を読む >

【資源】運営期限切れの翡翠などの宝石発掘場を再稼動する予定

Ministry of Natural Resources and Environmental Conservationによると、宝石に関する法律が施行されたため、運営期限が切れている、翡翠などの宝石... 記事を読む >

最低賃金、年末に決定

現在適切な賃金を設定するための準備が進められており、年末には労働者と経営者の双方にとって最適な賃金が発表される予定だ。最低賃金の設定から60日以内に国民による賛成・反対の意向が調査され、その後承認され... 記事を読む >

  • 2019年8月 (12)
  • 2019年7月 (12)
  • 2019年6月 (16)
  • 2019年5月 (16)
  • 2019年4月 (12)
  • 2019年3月 (20)