Information

現地記事情報配信

ph_17

【医薬品】日本の医薬品製造会社がMagway Regionで薬草の栽培と医薬品製造工場を建設

2019.01.25 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

1月5日のMagway Region政府機構の情報によると、日本の医薬品製造会社であるアルプス薬品工業株式会社が、同Region内の約1,000エーカーの土地で、センナやカンゾウなどの薬草の栽培と、医薬品製造工場の建設を実施する予定だ。新設する工場は、アフリカやインドにある同社の工場を、同Regionへ移設する形で、製造した医薬品の国内外市場での販売に関し、同Regionの政府機構と同社が交渉中である。以前、同社はShan State内での現地住民らへの技術支援を行い、薬草を栽培していたが、必要とされる品質には至らなかったため、同Regionでの栽培を行うこととなった。 ――PYI MYANMAR, 1160, P. 13

関連記事

Phar Kant市翡翠鉱山の掘採田、再び運営許可予定

ミャンマー政府は、ミャンマー政府軍とKa Chin独立軍の衝突が原因で、2012年5月から無期限で停止されていたPhar Kant市翡翠鉱山の掘採田の運営を、正式にライセンス取得した企業に対し再び許可... 記事を読む >

【栽培】海外の需要量増加に伴い、ゴムの価格が上昇

Ministry of Commerceの記録によると、今年度のゴムの輸出量は、海外の需要量増加に伴い、昨年より増加している。現在ゴムの価格も上昇しており、1トン当たりの価格が、RSS1グレードのゴム... 記事を読む >

【不動産】コンドミニアム法に従って建設された建物を外国人に販売する際、新たに申請が必要

12月第1週目に、コンドミニアム法が執行された。それにより、同法律等で建設されたコンドミニアムを外国人に販売する場合、建築管理委員会に改めて申請書を提出する必要がある。ミャンマーの建築事業機構副社長に... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)