Information

現地記事情報配信

ph_03

【車両】来年2月より国内市場で電気バスを生産・販売予定

2019.01.11 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

Ministry of Industryによると、来年2月より、国内市場で、電気バスを生産・販売する予定だ。ミャンマー国内で、ハンガリーの技術支援を受け、電気バス(Electric Bus)の生産も検討されたが、環境への悪影響も懸念されるため、詳細な交渉を重ねた結果、まずはハンガリーの技術で生産したEvoparブランドの電気バス試用車5台を輸入する予定である。同省庁によると、No.14 Heavy IndustryとGreen Power Myanmar Co.,Ltdが、電気バスのディーゼルエンジンを、ヨーロッパの技術を用いThargaya地域内で生産することに対し、詳細な交渉を進めている。毎月、同電気バス約50台を生産し、およそ2億5千万チャットで販売する予定だ。 ――AUTOMOBILE,7(28), P. 8

関連記事

【食品】Muse貿易特区内で大豆1トン当たり約85万チャットの高値で販売

Muse市内の貿易者によると、Muse105マイルの貿易特区内で、大豆の入荷数が減少し、1トン当たり約85万チャットの高値で販売可能になっている。現在、Muse市場では、Shan State産の大豆は... 記事を読む >

【栽培】日本から以前より大量のミャンマー産の黒胡麻購入の申し出あり

Myanmar Pulses, Beans and Sesame Seeds Merchants Associationの秘書Min Ko Oo氏によると、日本は15年前からミャンマー産の黒胡麻を購入... 記事を読む >

【観光】ホテルゾーン内で旅行誘致を見込める事業に具体化支援

ミャンマーホテル関連事業主協会は、国内のホテルゾーンの土地で、国内外からの旅行客を誘致できる事業に対し、具体化支援する。新規観光地として見込める場所がある場合、写真撮影し、事業内容と共に提出する。具体... 記事を読む >

  • 2019年6月 (8)
  • 2019年5月 (16)
  • 2019年4月 (12)
  • 2019年3月 (20)
  • 2019年2月 (16)
  • 2019年1月 (16)