Information

現地記事情報配信

ph_03

【車両】来年2月より国内市場で電気バスを生産・販売予定

2019.01.11 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

Ministry of Industryによると、来年2月より、国内市場で、電気バスを生産・販売する予定だ。ミャンマー国内で、ハンガリーの技術支援を受け、電気バス(Electric Bus)の生産も検討されたが、環境への悪影響も懸念されるため、詳細な交渉を重ねた結果、まずはハンガリーの技術で生産したEvoparブランドの電気バス試用車5台を輸入する予定である。同省庁によると、No.14 Heavy IndustryとGreen Power Myanmar Co.,Ltdが、電気バスのディーゼルエンジンを、ヨーロッパの技術を用いThargaya地域内で生産することに対し、詳細な交渉を進めている。毎月、同電気バス約50台を生産し、およそ2億5千万チャットで販売する予定だ。 ――AUTOMOBILE,7(28), P. 8

関連記事

CIFが下がるが、車両価格が下がる兆しなし

商務省によると、海外からの車輛輸入に関する運賃保険料込渡し(CIF)料金が、10月より改定となり下がるが、販売価格に大きく反映される兆しはない。通常、料金改定は1月に行わるが、今年は10月となり、これ... 記事を読む >

【資源】原油と天然ガス事業でアジアトップを見込むミャンマー

PTT Exploration and Production社によると、エネルギー資源価格の下落にもかかわらず、国内外の投資家は、原油探索の事業を開始し、国内の油田地帯は、アジアでトップを見込む地域と... 記事を読む >

新たな通信事業者によりミャンマーのGDPの成長率は伸びる――Ericsson社が予測

ミャンマーで間もなく事業を開始する国内及び海外の通信オペレーターによって数年後にGDPの成長率が伸びると、世界的に有名な通信関連企業であるEricsson社の調査から予測された。同社の調査によると、通... 記事を読む >

  • 2019年3月 (16)
  • 2019年2月 (16)
  • 2019年1月 (16)
  • 2018年12月 (16)
  • 2018年11月 (20)
  • 2018年10月 (12)