Information

現地記事情報配信

ph_19

【資源】Kayar Stateの採鉱業は、現地人の同意が必要

2018.12.27 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

Kayah State政府、資源・環境保護大臣によると、同State内で採鉱業を行う場合は、現地人の同意が必要である。同StateのBawlake District、Pharsaung郡区に、採鉱田が沢山存在しているが、事業を運営するには、企業者は、現地政府及び住民の他、少数民族との交渉が必要となるため、事実上困難であることが現状である。LAIN鉱業関連の技術支援機構(Lwainkaw市)によると、同Stateでは、2014年よりMawchie鉱業を30年間稼動の契約期間を延長していた。現在、現在、森林・鉱山及び水資源の発掘に関するプロジェクトが、同Stateで進出する見込みがある。LAIN鉱業関連の技術支援機構(Lwainkaw市)によると、2018年2月13日にミャンマー鉱業に関する新たな法律が執行された。 ――MYANMAR POST, 10(48), p. 5

関連記事

2014-2015年度の初めの3ヶ月で米31万トン以上を輸出、ロシアへの輸出量が最多

商務省の責任者によると、ミャンマーの米輸出量は、2014-2015会計年度の初めの3ヶ月(4~6月)で、31万トン以上であった。そのうち、10,500トン以上はロシアへ、10,400トンは中国へ、6,... 記事を読む >

【燃料】3週間で、世界の石油価格は14%以上、国内価格は1リットル約3%~5%下降

機械油販売店の公表よると、7月12日までに、世界で最高約60ドルを記録していた石油価格は、それ以降の3週間で14%以上下降し、国内石油価格も、1リットル約3~5%まで再び下降した。国内の機械油の価格は... 記事を読む >

【保険】作物保険より明確な天候インデックス保険を試験的に提供

貿易・工場事業機構によると、ミャンマー保険事業計画として現在提供されている、作物保険(Crop Insurance)の代わりとして、天候インデックス保険(Weather Index Insurance... 記事を読む >

  • 2020年7月 (12)
  • 2020年6月 (12)
  • 2020年5月 (4)
  • 2020年4月 (4)
  • 2020年3月 (16)
  • 2020年2月 (20)