Information

現地記事情報配信

ph_20

高品質の養殖用餌材料をインド、アルゼンチン、ブラジルなどから輸入

2014.06.09 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

ミャンマーの魚やエビ用の餌に関する生産者協会の会長によると、高品質でリーズナブルな養殖用の餌の材料がインド、アルゼンチン、ブラジルなどから輸入される。同協会は、輸入に関し当該国の生産者協会と連携しており、会長は、調査済みのサンプルを受け取り、ミャンマー産の餌よりもリーズナブルで高品質であると語った。ミャンマーのインド社はこの生産者協会に入会し、豆類の殻をミャンマー市場より低価格で輸入する予定である。ミャンマー産の豆類の殻の価格は低下中である。 ――POST GLOBAL, 161, p. 4

関連記事

【食品】Kani郡区でハチミツ製造業者約100人が、養蜂箱3万台以上でハチミツを保管・製造

Sagaing Region、Kani郡区、ハチ飼育課の責任者の発言によると、同Region、Kani郡区で、ナツメの実の栽培とハチミツの製造を実施するため、ハチミツ製造業者約100人が、ハチミツの養... 記事を読む >

5年以内に、ミャンマー養殖漁業を改善する計画を実施

ミャンマー漁業局によると、同局は、アメリカ合衆国国際開発庁(USAID)からの支援を受け、アメリカに拠点を置くNGO組織WIN-ROCKと協同で、ミャンマー養殖業を改善する5ヵ年計画を実施の予定だ。同... 記事を読む >

【燃料】タイの技術支援を受け、雄牛排泄物よりバイオガスを生産

Red Horse Dairy Industries Limitedの社長によると、タイのChiang Mai大学の技術支援を受け、雄牛排泄物よりバイオガスを生産する予定だ。同社長によると、同計画に関... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)