Information

現地記事情報配信

ph_23

ミャンマー産ゴム原料、1トンあたり約100ドルの値上がり

2013.09.18 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

Myanmar Rubber Producers’ Associ-ationの責任者Kaing Myint氏によると、海外へのミャンマー産ゴムの輸出拡大に伴い、ゴム原料1トンあたり100ドルの値上がりが生じている。ミャンマー産RSS-3ゴムを含むゴム類は、中国が70%、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナム、韓国、インドなどが合計30%の割合で、それぞれ購入している。同氏によると、近年は特に中国による輸入の拡大に伴い値上がりが生じている。RSS-3ゴム原料1トンあたりの価格は2,250ドルから2,350ドルに上昇しており、今後も値上がりが予想される。なお2012年には、ゴム原料の価格は1トンあたり3,900ドルの最高値を付けたことがある。 ――MYANMAR POST, 5(36), p. 17

関連記事

【資源】石油・天然ガス田31箇所に関して、2019年初頭より入札を募集

Oxford Business Group(OBG)によると、Ministry of Electrical Power and Energyは、石油・天然ガス田31箇所に関して、2019年初頭より、入... 記事を読む >

【保険】損保ジャパンが、ミャンマー農民を一部支援

日本発の記事によると、損保ジャパンが、ミャンマーの農民に対し、気候変動により作物に影響が出た場合の保険の提供を始める。同記事には、日本の保険会社は、ミャンマー国内における単独での業務許可が下りていない... 記事を読む >

【食品】インドが豆を輸入すると公表して以降、ミャンマー産豆類の価格が再び上昇

Myanmar Pulses, Beans Import and Export Associationによると、豆類の輸入を、2ヶ月間中断していたインド政府が、3月29日に、他国より黒豆と四季豆合計1... 記事を読む >

  • 2019年12月 (4)
  • 2019年11月 (20)
  • 2019年10月 (12)
  • 2019年9月 (16)
  • 2019年8月 (16)
  • 2019年7月 (12)