Information

現地記事情報配信

ph_20

【栽培】油糧種子作物のプロジェクトを2018年まで実施

2017.06.21 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

Ministry of Commerceによると、Mandalay Region内で実施中の油糧種子作物のプロジェクトを2018年まで実施する計画である。2016年末頃より開始されている同プロジェクトの実施目的は、国内の食品油の需要量を満たし、他国への輸出を目指すためである。国内の生産量だけでは不足しているため、他国から年間2億ドル相当のパーム油を輸入している。同プロジェクトでは、主に落花生とひまわりの栽培に関して支援している。落花生の栽培は、Sagaing Region、Mandalay Region、Magway Region、Shan State、Rakhine State、Bago Region等でよく見られる。現在、ミャンマーでの1人当たりの食品油の年間消費量は6 Vissであるため、全国規模で年間およそ56万トンが必要となっているが、国内の生産量は年間およそ30万トンのみである。 ――MYANMA ALINN, 56(245), p. 18

関連記事

宝石展示会を開催

ミャンマー宝石展示会中央委員会は、鉱業省の主催で50回目の宝石展示会を、ネピドーのMani Yadana翡翠博物館とミャンマー宝石博物館で2014年6月24から7月6日に開催する。国内宝石事業者の翡翠... 記事を読む >

【保険】作物保険より明確な天候インデックス保険を試験的に提供

貿易・工場事業機構によると、ミャンマー保険事業計画として現在提供されている、作物保険(Crop Insurance)の代わりとして、天候インデックス保険(Weather Index Insurance... 記事を読む >

【栽培】海外の需要量増加に伴い、ゴムの価格が上昇

Ministry of Commerceの記録によると、今年度のゴムの輸出量は、海外の需要量増加に伴い、昨年より増加している。現在ゴムの価格も上昇しており、1トン当たりの価格が、RSS1グレードのゴム... 記事を読む >

  • 2020年9月 (27)
  • 2020年8月 (4)
  • 2020年7月 (28)
  • 2020年6月 (12)
  • 2020年5月 (4)
  • 2020年4月 (4)