Information

現地記事情報配信

ph_07

【栽培】海外の需要量増加に伴い、ゴムの価格が上昇

2016.12.13 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

Ministry of Commerceの記録によると、今年度のゴムの輸出量は、海外の需要量増加に伴い、昨年より増加している。現在ゴムの価格も上昇しており、1トン当たりの価格が、RSS1グレードのゴムで1,550~1,650ドル、RSS2グレードで1,500~1,600ドル、RSS3グレードで1,450~1,550ドルである。今年度の4月~11月第1週の期間で、7,000万ドル以上相当のミャンマー産ゴム6万トン以上が他国へ輸出されており、昨年度の同期間と比較すると、今年度は1万トン以上多く輸出している。ミャンマー産ゴムの主な輸出先は、日本、マレーシア、中国で、年間輸出量は8万トン以上である。 ――POPULAR NEWS, 8(47), p. 10

関連記事

【水産】世界では減少しているがミャンマー海岸線では増殖しているオオウナギを海外市場へ輸出

ミャンマーの魚養殖業総合機構の副機構長の発言によると、世界ではオオウナギ資源が減少しているが、ミャンマー海岸線は増殖しており、海外市場へ輸出する予定だ。オオウナギ料理は、韓国、日本、タイ、中国等、多く... 記事を読む >

【観光】Shan State内でホテル76軒を新設し、Shan–Kayar State国境で旅行事業を実施

Shan State、Ministry of Hotel and Tourismの課長によると、同State内でホテル76軒の建設を実施し、Shan State、Kayar Stateの国境における旅... 記事を読む >

【建設】Yoma Central、The Peninsula YangonをBouyguesと大成建設が建設

ヤンゴン市中心部にある10エーカー以上の土地で、Yoma Centralと、The Peninsula Yangonが、フランスの建設会社Bouyguesと日本の大成建設により、建設される予定だ。Yo... 記事を読む >

  • 2020年3月 (16)
  • 2020年2月 (20)
  • 2020年1月 (12)
  • 2019年12月 (12)
  • 2019年11月 (20)
  • 2019年10月 (12)