Information

現地記事情報配信

ph_05

【資源】大陽日酸社、ミャンマーで工業ガスを製造・販売するための準備を進行中

2016.09.20 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

日本の大手企業である大陽日酸社は、10億円を投資して、工業ガスを製造・販売するための工場を、スズキやクボタなどの工場が開設されるティラワ経済特区において、開設するための準備を進めている。同工場では、酸素、窒素、アルゴンガスやその他のガスを、市場の需要に応じて生産する予定である。大陽日酸社によると、2015年のヤンゴン地域における工業ガスの需要量は、20億円にのぼった。同社は、ミャンマーの工業ガスの需要増加を考慮し、2030年には売上高10億円到達を目指している。 ――PYI MYANMAR, 1040, p. 4

関連記事

【媒体】全国規模で2年以内に映画館100軒以上を建設予定

7月2日にCITY FMオフィスにて開催された、MAZE社のLwin Moe社長の記者会見によると、映画館が存在しない地域に、2年以内に映画館100軒以上を建設する計画である。人口およそ2,000万人... 記事を読む >

Shwe Padauk魚市場、販売好調予想

Shwe Padauk魚市場が、Yangon西部Hlaing地区Thirimingalar市場に隣接し新設された。市場運営委員会によると、市場は、2014年4月29日にプレオープンし、販売が好調となっ... 記事を読む >

【化粧】韓国の化粧品会社がミャンマーの伝統化粧品Thanakaの商品化、輸入を希望

5月18日のUnion of Myanmar Federation of Chambers of Commerce and Industry(UMFCCI)の通告によると、韓国の化粧品会社が、ミャンマ... 記事を読む >

  • 2020年3月 (16)
  • 2020年2月 (20)
  • 2020年1月 (12)
  • 2019年12月 (12)
  • 2019年11月 (20)
  • 2019年10月 (12)