Information

現地記事情報配信

ph_10

【製造】国内の肥料需要を満たすために、Thilawar経済特区に肥料工場を建設予定

2016.05.03 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

Myanmar Agribusiness Public Corporation(MAPCO)の関係者によると、ミャンマー国内の肥料需要を満たすために、国内外の企業は協力して、Thilawa経済特区に肥料工場を建設し、来年の5月より製造できるよう、計画を進めている。同肥料工場のために、現地のMyanmar Agribusiness Public Corporation(MAPCO)と、日本の三井物産、シンガポールのBehn Meyer社が協力して、約1,050万ドルを投資する計画である。三井物産とBehn Meyer社は、BMM Venture(S)Pte.,Ltd(BMM-V)として合弁会社を設立し、また、MAPCOとBMM-Vは協力してAgri First Co.,Ltdを設立して、ミャンマー国内で肥料の製造、販売を行う予定である。肥料工場のための出資比率は、BMM-Vが60%、MAPCOが40%である。ミャンマーにおける肥料の年間需要量は100万トンで、需要量の多くを満たすため、外国から輸入している。 ――PYI MYANMAR, 1020, p. 25

関連記事

【栽培】朝鮮人参をミャンマーで栽培

Ministry of Agriculture and Irrigationの大臣と、韓国Mokpo大学の責任者らの交渉によると、ミャンマーで朝鮮人参を栽培するため、韓国が朝鮮人参の品種と技術を支援す... 記事を読む >

【観光】Teetain、Hakha、Kanpetletでコミュニティベース観光を開発予定

旅行会社等と協力し、今年の観光シーズンに、Chin StateのTeetain、Hakha、Kanpetlet地域において、コミュニティベース観光を開発する予定である。現在、Chin Stateに来訪... 記事を読む >

【食品】ミャンマー産ハチミツが世界各国の中で金メダルを獲得、海外市場への進出も拡大

11月8日の、ミャンマー産ハチミツ製造企業機構の機構長の発言によると、カナダ、モントリオール市にて開会式が行われた、46th Apimondia 2019で、ミャンマー産ハチミツが、世界各国の中で、金... 記事を読む >

  • 2020年9月 (27)
  • 2020年8月 (4)
  • 2020年7月 (28)
  • 2020年6月 (12)
  • 2020年5月 (4)
  • 2020年4月 (4)