Information

現地記事情報配信

ph_24

【資源】天然ガス採掘量の増加傾向により、1日の売上が1,700万ドル

2016.01.27 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

ミャンマー深海油田地帯の天然ガス発掘事業において、Woodside石油会社の発掘により、BG Group PlcやTotal SAを含む世界の同業者企業にとっても、状況は好転している。オーストラリア第2位のWoodside社は、YakhaingのShwe Yi Tun No.1地帯で採掘した天然ガスを、引き続き検査する。同社とシェアを持つBG社とTotal社は、ミャンマー国内で原油やガスを掘削している。政府は、5年前より世界に対して経済開放した。新政権以降、投資家はさらなる前進を期待する。ミャンマーの原油や天然ガス掘削事業は、同社が40%、Total社が40%、MPRLd Exp Pte社が20%のシェアを持つ。インドと中国に挟まれたミャンマーは、約50年の軍事政権時代に、投資を受けることは、ほぼなかった。BP Plc社の統計によると、ミャンマーは、アジア太平洋地域の天然ガス油田のうち、2%を所有する。ミャンマーは、タイや中国に1日16億立方フィート、1,700万ドル相当の天然ガスを輸送する。輸送には、中国国家原油コーポレーションが引いたパイプラインが、使用される。 ――NEWS WATCH, 10(36), p.40

関連記事

【栽培】国内生産である食料用油の色々な種類の種子を契約の耕作システムで実施開始

ミャンマーの油販売・購入機構の副機構長によると、Mandalay RegionとMagway Region内で、油糧作物の契約農業を実施する予定だ。契約農業を実施することで、生産量を実施前の2倍程度増... 記事を読む >

【栽培】国内でコーヒー栽培地を約61,500エーカー拡大、コーヒー工場総計6軒を新設予定

1月24日のNyangyishin‐Shan丘コーヒー製造業者の報告によると、ミャンマー国内のStateとRegion 6ヶ所で、コーヒーノキの栽培地を更に約61,500エーカー拡大し、コーヒー工場総... 記事を読む >

【栽培】ミャンマー茶10トンをドイツとシンガポールへ輸出予定

ミャンマー青果栽培生産輸出販売協会によると、来年、ミャンマー産乾燥茶葉と生茶葉合わせて10トンを、ドイツとシンガポールへ輸出する予定だ 。今年、ドイツが茶葉3トンの購入を契約済みで、11月中に1.5ト... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)