Information

現地記事情報配信

ph_12

【資源】外資系石油会社が国内の燃料油市場を視察

2015.10.05 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

石油製品売買事業者によると、Ministry of Energyが、外資系石油会社と提携し、国内の燃料油市場で輸入販売をするための準備をしており、関心のある外資系石油会社が、国内の状況を詳細調査している。また、入札を予定する企業も、調査を始めている。政府には、データがないため提供することが不可能であるため、独自で調査を行う必要がある。同省によると、7月20日から9月20日までを入札申請書発行期間とし、PTT社、PUMA社、Daewoo社などの大企業に発行した。その後、入札募集が行われ、応募企業は、市場状況を見守ることになる。各企業は、入札のための調査に3ヶ月をあてた。同省にとっては、高品質の燃料を外資系石油会社より直接輸入するための、重要なプロジェクトであるため、時間を費やした。また、国内の企業へも販売する。同省は、2012年にガソリンスタンド261店舗を長期民営化後、再度国営化する準備をしている。 ――7DAY NEWS, 14(29), p.43

関連記事

【資源】4年間で開催された宝石展示会よりユーロ5億以上と1,200億チャット以上獲得

Ministry of Natural Resources and Environmental Conservationの発表によると、4年間で開催された宝石展示会により、5億691万ユーロ以上と1,... 記事を読む >

【水産】アメリカを含む10ヶ国にミャンマー産エビを輸出

Department of Irrigationによると、ミャンマー産のエビを、食料品の安全性保護を重視しているアメリカ、オーストラリア、中国等を含む10ヵ国に輸出している。同課によると、ミャンマー産... 記事を読む >

Kachin州で運営停止されていた翡翠鉱産の掘採田、再開予定

ミャンマー政府軍とKachin独立軍の衝突が原因で、ミャンマー翡翠、宝石鉱産の掘採田運営許可及び審査委員会により無期限停止されていた、Kachin州Phar Kant、Maw luu、Maw Han、... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)