Information

現地記事情報配信

ph_03

【運営】中小企業の発展が必須

2015.04.06 | 産業

タグ: , , , , , , , , , , ,

ミャンマー投資委員会(MIC)によると、ミャンマーの経済発展には、中小企業の発展が必須であるが、その正式登録は少ない。実際に国内には、12,637社の中小企業があるが、合法的な手続きを経て経営する会社が少ない。現在、中小企業は、ミャンマー経済界の99.4%を占めている。各地方では、Kachin State内に大企業46社、中企業138社、小企業1,132社、Kayah State内に大企業16社、中企業280社、小企業102社がある。中小企業は、Mandalay Regionに最も多く、中企業2,376社、小企業3,978社があり、Yangon Regionには、中企業1,831社、小企業1,993社がある。Ayeyawarddy Regionには、中企業616社、小企業4,774社がある。MICに正式登録すると、5年間の免税処置と、事業関連機械の購入免税権が得られる。雇用の創出、所得向上による貧困層減少のため、中小企業の発展が必須である。 ――MYANMA ALINN,54(175), p.32

関連記事

【栽培】油糧種子作物のプロジェクトを2018年まで実施

Ministry of Commerceによると、Mandalay Region内で実施中の油糧種子作物のプロジェクトを2018年まで実施する計画である。2016年末頃より開始されている同プロジェクト... 記事を読む >

【栽培】国内生産である食料用油の色々な種類の種子を契約の耕作システムで実施開始

ミャンマーの油販売・購入機構の副機構長によると、Mandalay RegionとMagway Region内で、油糧作物の契約農業を実施する予定だ。契約農業を実施することで、生産量を実施前の2倍程度増... 記事を読む >

【区域】Wuhanウイルスの発生が、Myaung Dagar工業団地内で鉄鋼業の製造を妨害

Myaung Dagar鋼工業団地委員会の委員長の発言によると、Wuhanウイルス(COVID‐19)の影響で、ヤンゴンRegion、Hmawbi郡区、Myaung Dagar工業団地の大部分で、鉄鋼... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)