Information

現地記事情報配信

img_03

2020年総選挙、NLD人気継続

2020.08.07 | 政治

タグ: , , , , , , , , , , ,

7月1日、選挙管理委員会は、2020年総選挙を11月8日に開催すると公式発表した。国内の政治評論家らは、同選挙でも与党のNLDの勝算が高く、向こう5年間は政権を握ると予測している。Aung San Suu Kyi党首は、Rakhine問題において国際社会からは非難を受けているが、国内の特にRegion地域やミャンマー南部地域での人気は以前と変わらない。ヤンゴンを拠点にするRichard Horsey政治評論家は、同党首の人気により政権交代は行なわれない、数十年間、権力の支配下におかれてきた地方から選挙を基本とする確固たる民主化が引き続き行なわれると話す。また、政党情報委員会のMonywa Aung Sin氏も、同党は、前回破れた選挙区での敗因を探り再度、候補者を擁立し、70パーセント以上での勝率を期待していると、勝利を明確に予想している。同党の最大のライバルはUSDPであるが、前回の総選挙以降設立されたThura Shwe ManのUnion Betterment Party、BP、88世代学生団体のリーダーであったKo Ko Gyi率いるPeople’s Party、Thet Thet Khaing人民代表院議員率いるPeople’s Pioneer Partyなどが台頭し、票が分かれる可能性がある。NLDは、前回総選挙で候補者を擁立した選挙区の80パーセントで勝利し、両議院であわせて59パーセントの議席を獲得した。選挙は、国会議員664議席のうち、498議席を選挙で決定し、残りの25パーセントは軍人議員枠となる。 ――NEWS WATCH,15(15),p.18

関連記事

Aung San Suu Kyi氏が、Rakhine問題協議にASEANの外務大臣らをヤンゴンに招聘

日経新聞によると、12月19日、Aung  San Suu Kyi国家最高顧問は、Rakhine問題を含む、ミャンマーの発展に関連する会見を開くために、ASEAN地域の外務大臣らをヤンゴンに招聘した。... 記事を読む >

NLD新政権の100日計画、成果は好調

市民組織、88世代学生グループのリーダーによると、NLD新政権が実施する100日計画は、国民に利益を与えている。前政権の体制が残っている状態で、改革を行うのは非常に困難であるのは確かであるが、力のある... 記事を読む >

国連総会第3回委員会でOICがとりまとめた決議を断固として拒否

11月7日、ニューヨークで開催された第72会国連総会第3委員会で、Rakhine Stateの状況に関連して、Organization of Islamic Cooperation(OIC)加盟国らが... 記事を読む >

  • 2020年10月 (8)
  • 2020年9月 (27)
  • 2020年8月 (4)
  • 2020年7月 (28)
  • 2020年6月 (12)
  • 2020年5月 (4)