Information

現地記事情報配信

ph_01

AAと国軍の戦闘によりBudhitaungへの避難民が約4,000人に増加

2020.05.22 | 政治

タグ: , , , , , , , , , , ,

Maung Taw Districtの局長によると、約3年前のバングラデシュへ避難民の帰還状況に関して、帰還民は、2世帯を含む400人で、ヒンドゥー教徒11人と残りは全てムスリムである。2年間、バングラデシュ側が、帰還事業を正しく行ってこなかったが、ミャンマー側では受け入れの準備は出来ていた。同地域では、AAと国軍の戦闘が起こっており、Budhitaung やYathethaung地域で避難民の数が増加している。3年前に起こった事件の際に、家を破壊され、燃やされたムスリムらの村で、政府が家屋の再建支援を行っており、村人も感謝の声をあげている。もともとラカイン民族300人、ムスリム4,000人ほどが一緒に暮らしていた村であったが、事件時に約3,000人がバングラデシュに避難した。その後、家を燃やされたムスリムらに場所を提供したとも聞いている。ラカイン民族、ムスリム、ヒンドゥー教徒がともに暮らしていた村には、インド政府が難民のために150家屋を支援した。ヒンドゥー教徒800人以上に支援したことがわかっている。ある難民は、家を与えられてから6カ月以上経つが、水、電気をはじめとし、道路や病院など、まだまだ必要なことが沢山あると話す。また、子供の数に比例する教育の場所の確保や生活費など、政府や海外からの支援も無いため、ある僧院では、9、10年生の生徒達を集め、僧が説法を行い、無料で教育を与えて、お布施を集めている。別の村でも難民の子供約40名に教育を受けさせている。 ――FIRST WEEKLY,10(426) p. 8

関連記事

准将が、ミャンマー国軍使用の武器弾薬のほとんどは自ら生産していることを発言

1月31日、Myeikthilaで開催された第9回陸空軍合同演習に関する記者会見で、Zaw Min Tun准将は、ミャンマー国軍が使用する武器弾薬のほとんどは、自ら生産しているものであると発言した。同... 記事を読む >

2020年総選挙の目標5項目を掲げる

7月8日、Mon State庁舎で、国家選挙管理委員会と同Stateに拠点を置く政党の選挙管理責任者らが協議し、2020年の総選挙は、法律の遵守、公平性、透明性、信頼性があり、国民の希望が結果となる選... 記事を読む >

前政権下で制定した法律が国民を守るものでないとの批判を受け、改正に取り組む方針

NLD中央情報委員会によると、前政権下で成立した国民のための自由と治安を守る法律は、都合よく利用される法律となっており、他の法律同様、書面上は立派なものでも現実社会に沿わないものが多く、国民の間でも錯... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)