Information

現地記事情報配信

ph_25

憲法改正員会は、1月27日憲法改正2草案を提出予定

2020.02.07 | 政治

タグ: , , , , , , , , , , ,

憲法改正協力委員会によると、第15回通常国会開始時に、2草案を提出する予定だ。同委員会は、1月13日に会議を再開する予定で、協議内容3,765項目のうち36項目のみを残すのみとなった。現行の憲法436条(a)(b)に関して修正案が2種類あるため、草案が二つになった。436条(a)には憲法内の95条数の改正には、国会議員の75%以上の賛成を得たあと、国民投票において有権者の過半数の票を得なければならないとし、436(b)において、(a)以外の改正には、国会議員の75%以上の賛成が必要であるとする。同2草案に関して、同委員会委員を含む国会議員の20%が署名を提出する。また草案作成の段階で、地方政府首相、議会議長らの意見を集約し、それに関して賛否を協議した。現与党下で同委員会が設立されて以来、12章からなる憲法草案がUSDPより3件、国軍より2件が、既に提出されている。同5件のうち最初に提出された2件について、同委員会内で検討することが国会で承認され、他の3件は、同委員会が国会に提出する際にそれぞれを比較して改正したものを草案として提出するとしている。 ――FIRST WEKLY,10(417), p.5

関連記事

ロヒンギャの呼称は緊張を高めるとアメリカ外務大臣との協議で国家最高顧問が指摘

Aung San Suu Kyi国家最高顧問は、アメリカ外務大臣との協議で、Rakhaing Stateの難民に対してロヒンギャという用語を使用することは、緊張を高める火種となると注意を促した。同氏は... 記事を読む >

政府は、ミャンマー北部の内戦停戦協議は仕組まれたものではないと反論

9月7日、ヤンゴンでのNRPC会議において、President OfficeのZaw Htayスポークスマンは、ミャンマー北部を拠点に勃発している武装勢力と国軍間の内戦停戦協議は、仕組まれたものではな... 記事を読む >

Kwun氏は、2020年総選挙後の連邦制確立のため、和平プロセスが始動するだろうと発言

Peace Process Steering Team(PPST)のKwun会長が、ミャンマーの和平プロセスが、2020年の総選挙後の連邦政権確立のために始動するだろうと話した。21世紀Pang Lo... 記事を読む >

  • 2020年2月 (12)
  • 2020年1月 (12)
  • 2019年12月 (12)
  • 2019年11月 (20)
  • 2019年10月 (12)
  • 2019年9月 (16)