Information

現地記事情報配信

img_03

前政権下で制定した法律が国民を守るものでないとの批判を受け、改正に取り組む方針

2019.11.08 | 政治

タグ: , , , , , , , , , , ,

NLD中央情報委員会によると、前政権下で成立した国民のための自由と治安を守る法律は、都合よく利用される法律となっており、他の法律同様、書面上は立派なものでも現実社会に沿わないものが多く、国民の間でも錯綜し、実質的に国民の自由と治安を守るものではないと批判があるため、法律改正に向け努力する方針だ。同法の目的は国際的人権尊重と憲法改正に含まれる全国民の自由と安全でありながら、一般人に対し、保護ではなく侵害する状況になっている。これらが一筋縄にいかないよう、対象者らも一筋縄にはいかない。経験豊富であるGyi Myint弁護士は、同法律は国民を守ることが少なく、抑圧することが多いため、改正は必須だ、と話した。8月末に公表された報告書によると、同法律制定後、裁判となったのは78名で、半分以上が一般人であった。 ――FIRST WEEKLY,10(405), p.3

関連記事

Aung San Suu Kyi氏が、Rakhine問題協議にASEANの外務大臣らをヤンゴンに招聘

日経新聞によると、12月19日、Aung  San Suu Kyi国家最高顧問は、Rakhine問題を含む、ミャンマーの発展に関連する会見を開くために、ASEAN地域の外務大臣らをヤンゴンに招聘した。... 記事を読む >

USDPは、改正委員会設置に反対し、2008年憲法改正草案を提出する

USDP所属議員は、NLDが、1月29日に緊急動議として提出した2018年憲法改正委員会の設置案から2週間後、同憲法の改正草案を提出した。同議員は、委員会設置は法律にそぐわず、法律に則って遂行するべき... 記事を読む >

1990年総選挙勝利の国会議員らが新生党を結成

4月5日、1990年の総選挙で勝利を収めた国会議員らが、新政党結成のため、野党や少数民族政党らと面会した。同新政党は、和平、2008年憲法の改正、地理的な未分割、少数民族の和平などを優先事項とする6項... 記事を読む >

  • 2020年2月 (8)
  • 2020年1月 (12)
  • 2019年12月 (12)
  • 2019年11月 (20)
  • 2019年10月 (12)
  • 2019年9月 (16)