Information

現地記事情報配信

ph_13

Rakhine Stateでベンガリへの安全地帯確保提案をミャンマー政府が拒否

2019.10.25 | 政治

タグ: , , , , , , , , , , ,

9月28日、国連総会の質問で、Ministry of Office of the State CounsellorのKyaw Tint Swe大臣は、Rakhine Stateでベンガリらへの安全地帯確保に関しての提案を、ミャンマー政府として拒否すると答えた。同Stateのベンガリへの問題に関して、同提案に応じる理由はなく、現実的でないとした。ベンガリらの帰還事業は、ミャンマーとバングラデシュ政府間で2017年11月に締結した協定に基づいて行うことや、バングラデシュ政府に対して申し入れしていることを話した。また、帰還民受け入れ地に関しては、バングラデシュ、国連ASEANチームらと協力して行うとした。同問題に関する国軍のベンガリに対する人権侵害の調査に対して、国際刑事裁判所(ICC)の勧告を拒否したとした。ミャンマーは、ICCに関するローマ条約の加盟国ではないこと、同問題調査後の国軍の発表によると、間も無く軍事法廷で取り扱われる動きがあること、そのほか、バングラデシュ国内の避難所で、ベンガリらに対し、ミャンマー国内への帰還を妨げようとする動きがあることも話した。また、同問題に関して、ICCはベンガリがバングラデシュに避難した背景や多くの組織が関わっていることを見ておらず、発端となったARSAベンガリテロ組織を刑事事件として扱うことなく、ICCの弁護士も、誤情報が含まれる報告書を頼りにしていると批判した。 ――NEWS WEEK,2(15),p.3

関連記事

選挙の円滑な開催のため、30人以上の集会を許可すると公表

10月25日、Ministry of Health and Sportsは、11月8日の総選挙の円滑な開催のために30人以上の集会を許可すると公表した。国内では、新型コロナ感染拡大防止対策のため、3月... 記事を読む >

政党の党則を遵守することをNLDのCECが国会議員に周知

NLDの中央特別委員会は、ヤンゴン在住国会議員を党本部に招集し、党規制や法率を確実に遵守することを話した。前日の10月26日に、党本部でThura Thin Oo氏らCECメンバーが会合を開き、継続す... 記事を読む >

野党13政党が、Aung San Suu Kyi氏とNLD幹部2名を告訴

2017年補欠選挙に多いて、Aung San Suu Kyi国家最高顧問兼外務大臣、Tin Oo NLD議長、Win Thein氏らの言動が、2008年憲法、政党登録法、国家選挙委員会法などに反したこ... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)