Information

現地記事情報配信

img_banner_sp

国家最高顧問は、民族和解と和平のためにもがいていると発言

2019.08.23 | 政治

タグ: , , , , , , , , , , ,

7月26日、Nay Pyi TawのMinistry for Office of the State Counsellor設置3周年記念式典で、Aung San Suu Kyi国家最高顧問は、現政権になって以来、国として最も重要である少数民族との和解と和平に取り組んできたが、振り返ると非常に苦労していると発言した。現政権以降、2016年Rakhine問題が勃発し、ARSAと内戦が起こり問題がさらに深刻化した。同顧問は、和平プロセスの主導権を握り実践し、前政権下で実現化したNCAへの署名武装勢力を2団体増やし、全10勢力となったこと、3度の21世紀Ping Long会議を開催し、協議を重ね史上初の政府、国会、国軍、各政党、少数民族武装勢力間で同意した連立基本方針51項目を採決した。また、国軍が連邦から脱却しないとする問題が、和平プロセスに支障をきたし、1年以上前から21世紀Ping Long会議を含むNCAに関する公式協議が開催されていない。そのため、苦難を協力し乗り越えていくこと、妨げるものが存在する場合、更に奮起しなければならないと話した。現政権は、民主的な選挙により選ばれた国際社会の中でも正当性のある政府であることや、国軍は、2008年憲法内で政治関与が認められているため民主政権との中で、矛盾が起きていることについて、話した。民主的、連立的に憲法を作成できれば、民族和解という目標を実現できると話す。 ――NEWS WEEK,2(6),p.7

関連記事

憲法改正員会は、1月27日憲法改正2草案を提出予定

憲法改正協力委員会によると、第15回通常国会開始時に、2草案を提出する予定だ。同委員会は、1月13日に会議を再開する予定で、協議内容3,765項目のうち36項目のみを残すのみとなった。現行の憲法436... 記事を読む >

2020年選挙は、期日前投票の誤りが起きないよう責任を持って実施

選挙委員会によると、来たる2020年総選挙では、前回の総選挙での期日前投票で起こった問題などが起きないように責任を持って実施する。前回の2010年総選挙時に、ヤンゴンRegion内で真夜中に規定時間を... 記事を読む >

Aung San Suu Kyi氏、大使らとの会談でミャンマーの外交方針を説明

4月22日外務省内で、Aung San Suu Kyi外相は、各国大使らと会談し、ミャンマーの外交方針に関して説明をする。同会談には、ヤンゴンに構える46の大使館、国連機関代表1事務所、海外の46大使... 記事を読む >

  • 2020年3月 (16)
  • 2020年2月 (20)
  • 2020年1月 (12)
  • 2019年12月 (12)
  • 2019年11月 (20)
  • 2019年10月 (12)