Information

現地記事情報配信

ph_25

2008年憲法改正報告書で「大統領は全武装勢力の長である」へと改正を提案

2019.08.16 | 政治

タグ: , , , , , , , , , , ,

7月15日、2008年憲法改正委員会が国会に提出した報告書の第20条の項目において、大統領は、全武装勢力の長とすると改正することを提案した。まず、実現化されたい希望を提案し、次に草案作国会での審議となる。2008年憲法第1章第20条(2)での国軍は、軍隊に関する全ての事項を独立し監督実施する権限を持つ。同章同条(3)での国軍司令官は、全武装勢力の長であると定められている。同項に関してNLDは、削除を提案したが、Mon National Partyは、大統領に権限を委ねることを提案している。ある政治評論家は、ミャンマーは、国会議員の25%が軍人議員であることや国軍が国民を守る役割から同提案は、無意味であると話す。同委員会の委員45名で協議、提案した報告書は、7月22日に国会で協議される。 ――NEWS WATCH,14(18), p.8

関連記事

Aung San Suu Kyi氏は、NCA未署名の武装勢力全てに対し、署名するよう要請

6月30日、第4特別区Maing Larで開催された記念式典において、NRPCのAung San Suu Kyiセンター長は、第4特別区のMaing Lar武装勢力を含む、残りの武装勢力全てに対し、N... 記事を読む >

国軍は、軍管区での4カ月間の軍事行動の停止を発表

12月21日、Min Aung Hlaing国軍司令官は、メディア情報委員会との面会で、和平プロセスに関連して、5つの軍管区での軍事行動を、2019年4月30日までの4カ月間停止すると発表した。12月... 記事を読む >

USDPを含む26政党が、選挙管理委員会に協議を要請

5月23日、USDPを含む26政党が、選挙に関して選挙管理委員会との協議を持つ必要があるとの要請書を送った。真の民主制を確立するために、国民が信頼して受け入れられる自由で公平な選挙を開催するために、選... 記事を読む >

  • 2019年9月 (8)
  • 2019年8月 (16)
  • 2019年7月 (12)
  • 2019年6月 (16)
  • 2019年5月 (16)
  • 2019年4月 (12)