Information

現地記事情報配信

ph_25

2008年憲法改正報告書で「大統領は全武装勢力の長である」へと改正を提案

2019.08.16 | 政治

タグ: , , , , , , , , , , ,

7月15日、2008年憲法改正委員会が国会に提出した報告書の第20条の項目において、大統領は、全武装勢力の長とすると改正することを提案した。まず、実現化されたい希望を提案し、次に草案作国会での審議となる。2008年憲法第1章第20条(2)での国軍は、軍隊に関する全ての事項を独立し監督実施する権限を持つ。同章同条(3)での国軍司令官は、全武装勢力の長であると定められている。同項に関してNLDは、削除を提案したが、Mon National Partyは、大統領に権限を委ねることを提案している。ある政治評論家は、ミャンマーは、国会議員の25%が軍人議員であることや国軍が国民を守る役割から同提案は、無意味であると話す。同委員会の委員45名で協議、提案した報告書は、7月22日に国会で協議される。 ――NEWS WATCH,14(18), p.8

関連記事

和平プロセスへの中国支援について国軍総司令官と中国大使が協議

8月22日午前、Nay Pyi Tawにおいて、Min Aung Hlaing国軍総司令官とChen Hai中国大使は、和平プロセスへの中国支援に関して協議した。同協議では、二国間の関係強化、一路一帯... 記事を読む >

大統領は、テロと国境不法入国を重要視すると発言

8月30日、Win Myint大統領は、ネパールで開催されたBIMSTEC会議に参加し、ミャンマーは現在、テロの脅威に直面していること、テロと国境不法入国防止策を重視し、BIMSTECの協力方針のもと... 記事を読む >

Rakhine難民の帰還審査の付託条項にミャンマーとバングラデシュ間で合意

12月18~20日に、Ministry of Foreign Affiairs Permanent Secretary のMyint Thu氏を初めとする代表団は、バングラデシュを訪問し、12月19日... 記事を読む >

  • 2020年3月 (12)
  • 2020年2月 (20)
  • 2020年1月 (12)
  • 2019年12月 (12)
  • 2019年11月 (20)
  • 2019年10月 (12)