Information

現地記事情報配信

ph_02

2020年総選挙の目標5項目を掲げる

2019.08.09 | 政治

タグ: , , , , , , , , , , ,

7月8日、Mon State庁舎で、国家選挙管理委員会と同Stateに拠点を置く政党の選挙管理責任者らが協議し、2020年の総選挙は、法律の遵守、公平性、透明性、信頼性があり、国民の希望が結果となる選挙であることの5項目を掲げて開催すると公表した。同委員会は、総選挙にむけてのスケジュール作成に取り組んでいる。同選挙は、有権者すべてが選挙に参加出来る選挙となるよう、同委員会と政府各省庁が連携し、有権者名簿の作成に特に力入れている。同State政党員は、少数民族であるKayin民族らは、選挙への参加を希望しているが、国民登録証を持っていないため、簡単に登録手続きが出来るようにしてほしいと話す。同委員会の規定によると、2020年12月31日時点で、18歳であれば選挙権が得られる。 ――NEWS WATCH,14(17),p.14

関連記事

1990年総選挙勝利の国会議員らが新生党を結成

4月5日、1990年の総選挙で勝利を収めた国会議員らが、新政党結成のため、野党や少数民族政党らと面会した。同新政党は、和平、2008年憲法の改正、地理的な未分割、少数民族の和平などを優先事項とする6項... 記事を読む >

Rakahine Stateの必要な地域に軍の管理体制を置く命令を14政党が申し出

7月6日、14政党は、ミャンマーの治安部隊の問題に対し、政府の責任を負うところとするため、2008年憲法413(b)条により、 Rakhine Stateの必要地域への軍の管理体制を置くことを要請した... 記事を読む >

政府は、ミャンマー北部の内戦停戦協議は仕組まれたものではないと反論

9月7日、ヤンゴンでのNRPC会議において、President OfficeのZaw Htayスポークスマンは、ミャンマー北部を拠点に勃発している武装勢力と国軍間の内戦停戦協議は、仕組まれたものではな... 記事を読む >

  • 2019年12月 (8)
  • 2019年11月 (20)
  • 2019年10月 (12)
  • 2019年9月 (16)
  • 2019年8月 (16)
  • 2019年7月 (12)