Information

現地記事情報配信

ph_09

ミャンマー政府は、国際刑事裁判所の調査、裁判権を斥けることを公表

2018.10.05 | 政治

タグ: , , , , , , , , , , ,

9月7日、ミャンマー政府President Officeは、ベンガリらをバングラデシュへ追い払ったという非難に関連して、国際刑事裁判所(ICC)が調査し裁判できるという決定を退けることを公表した。政府は、ICCのローマ規程同盟国でないことから、同決定を重要視する責任はないとした。ICCは、国家弁護士は、19条3項を遵守せず、同問題を正確に処理していないとする。ミャンマー政府は、Rakhine Stateにおける追放行為は皆無で、自ら避難した避難民に対しての帰還も、バングラデシュ政府と協約を締結し、協力し取り組んでいることや、昨年10月、バングラデシュ大使を含む隣国4ヶ国の大使らが同地を訪れ、避難しようとしている住民らに、避難の不必要性を説いたことも盛り込んだ。 ――NEWS WEEK,2(60),p.P

関連記事

国家最高顧問が、カナダの連邦制、人権主義、経済発展に関するフォーラムに参加

6月6日、カナダを公式訪問中のAung San Suu Kyi国家最高顧問は、オタワ市のホテルで開催された、Forum of Federations主催の連邦制に関するフォーラムに参加した。同最高顧問... 記事を読む >

AAがNay Pyi Tawで開催の和平協議に参加するも、国軍との協議は未定

Arakan Army(AA)によると、同勢力は、3月21日にNay Pyi Tawで開催されるNCA未署名少数民族武装勢力の和平協議に参加する予定だ。国軍との協議実現に関しては、現地で決定する。3月... 記事を読む >

Aung San Suu Kyi氏は、NCA未署名の武装勢力全てに対し、署名するよう要請

6月30日、第4特別区Maing Larで開催された記念式典において、NRPCのAung San Suu Kyiセンター長は、第4特別区のMaing Lar武装勢力を含む、残りの武装勢力全てに対し、N... 記事を読む >

  • 2019年12月 (4)
  • 2019年11月 (20)
  • 2019年10月 (12)
  • 2019年9月 (16)
  • 2019年8月 (16)
  • 2019年7月 (12)