Information

現地記事情報配信

ph_12

国家最高顧問Aung San Suu Kyi氏が和平問題を指揮

2016.05.10 | 政治

タグ: , , , , , , , , , , ,

合同停戦監視委員会(JMC)委員長によると、国家最高顧問のAung San Suu Kyi氏が、和平問題に関して陣頭指揮をとることが、4月26日の同委員会の第5回会議において決定した。また、4月27日に、同氏と委員会が協議する。同委員会は、政府職員代表、国軍代表、少数民族武装勢力代表などで構成される。全国停戦協定(NCA)には、カレン民族同盟(KNU)、カレン民族解放平和評議会(KNU/KNLA-PC)、民主カレン仏教徒軍(DKBA)、パオー民族自由組織(PNLO)チン民族戦線(CNF)、アラカン解放党(ALP)、Shan州和解評議会(RCSS/SSA)、全ビルマ学生民主戦線(ABSDF)が、署名済みだ。 ――HOT NEWS,6(291), p.21

関連記事

Aung San Suu Kyi氏、大使らとの会談でミャンマーの外交方針を説明

4月22日外務省内で、Aung San Suu Kyi外相は、各国大使らと会談し、ミャンマーの外交方針に関して説明をする。同会談には、ヤンゴンに構える46の大使館、国連機関代表1事務所、海外の46大使... 記事を読む >

1990年総選挙勝利の国会議員らが新生党を結成

4月5日、1990年の総選挙で勝利を収めた国会議員らが、新政党結成のため、野党や少数民族政党らと面会した。同新政党は、和平、2008年憲法の改正、地理的な未分割、少数民族の和平などを優先事項とする6項... 記事を読む >

国民の軍事訓練義務などに関する2008年憲法項目再検討を国会で促す

3月4日、人民代表院会議で、Tin Twe議員は、都市での法の支配を確立して、国民の治安維持の為に、2008年憲法第386条の国民の軍事訓練と兵役の義務に関する項目を、再検討する必要があると話した。ま... 記事を読む >

  • 2019年12月 (4)
  • 2019年11月 (20)
  • 2019年10月 (12)
  • 2019年9月 (16)
  • 2019年8月 (16)
  • 2019年7月 (12)