Information

現地記事情報配信

ph_24

【エネルギー】エネルギー分野での、外資額が現時点で約230億ドルを記録

2021.04.07 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

投資企業管理局(DICA)によると、ミャンマーのエネルギー分野での外資額が、現時点で約230億ドルを記録し、そのうち、2020年度の第一四半期の投資額は、約1.6億ドルであった。2021年のミャンマーの電力発電量は、水力発電40%、天然ガス発電34%、太陽光発電14%で、合計8,100メガワット生産可能と見込まれている。2016年までのミャンマーの電力使用率は、全国で34%程度だったが、2020年には56%まで上昇した。電力・エネルギー省は更に、2025年に75%、2030年には100%使用できるよう、力を入れている。 ――WEEKLY NEWS, 16(17), p. 9

関連記事

【衛生】ヤンゴン市内の給水について、民間部門への引き渡しに関し関心表明を呼びかけ

ヤンゴン市長によると、ヤンゴン市開発委員会(YCDC)は、ヤンゴン市内の違法な水道管の接続、水の無駄使い、水道代の引き上げ等を防止する目的で、給水事業を民間部門に引き渡すことに関し、8月末から、関心表... 記事を読む >

【不動産】Shwe Kokko住宅プロジェクト実施中、現行法に違反した場合は対処

国会で、Myawaddy選挙区域の国会議員が投げかけた、同郡区内で中国企業のMyanmar Yatai International Holding Group Co.Ltdの投資で実施されている、Sh... 記事を読む >

【金融】FMI社の株の購入に向け80,000件の要求のうち、約42,000株を販売

2016年3月25日までに、ヤンゴン証券取引所で株販売の許可を得たFMI社に対し、株の購入に向け80,000件の要求があったが、実際に販売したのは約42,000株であった。1株当たり26,000万チャ... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)