Information

現地記事情報配信

ph_24

【エネルギー】エネルギー分野での、外資額が現時点で約230億ドルを記録

2021.04.07 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

投資企業管理局(DICA)によると、ミャンマーのエネルギー分野での外資額が、現時点で約230億ドルを記録し、そのうち、2020年度の第一四半期の投資額は、約1.6億ドルであった。2021年のミャンマーの電力発電量は、水力発電40%、天然ガス発電34%、太陽光発電14%で、合計8,100メガワット生産可能と見込まれている。2016年までのミャンマーの電力使用率は、全国で34%程度だったが、2020年には56%まで上昇した。電力・エネルギー省は更に、2025年に75%、2030年には100%使用できるよう、力を入れている。 ――WEEKLY NEWS, 16(17), p. 9

関連記事

【保険】日本は、ミャンマー保険業に、2,100万ドルを投資予定

日本生命保険会社の発表によると、同社は国内保険会社であるGrand Guardian Life Insurance社から、株35%を購入し、2,100万ドルを投資して、Grand Guardian N... 記事を読む >

【人材】労働組合連合は最低賃金6,600チャットの決定を提案

ミャンマー労働組合連合(CTUM)は、10月17日にOrchidホテルにおいて、最低賃金決定合意に関する記者会見行った。同記者会見により、CTUMは為替レート及び物価上昇により、最低賃金を6,600チ... 記事を読む >

【金融】ミャンマー中央銀行が、新たな海外支店の開設を計画

ミャンマー中央銀行は、E-Paymentの利便性拡大に加え、海外支店の新たな開設も計画している。同銀行のSet Aung副総裁によると、同銀行は昨年に実施した海外支店の開設を、今後も許可する予定である... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)