Information

現地記事情報配信

ph_26

【エネルギー】タイのPTT石油会社が、ミャンマーのエネルギー分野で20億ドル投資

2021.02.05 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

タイ国営エネルギー公社の一員である、PTT Exploration and Production(PTTEP)社は、ミャンマーの天然ガス及び電力発電所建設に、20億ドルを投資する予定である。2020年にミャンマー政府間との合意により、同社はミャンマー沿岸区域で、天然ガスを製造し、ミャンマー国内へのエネルギー供給を行う予定である。投資計画には、沿岸天然ガス田開発、発電容量600メガワットのガス火力発電所、ガス田から発電所までのパイプラインと、発電所からヤンゴンまでの送電線等敷設の事業が、含まれている。同社は現在、ミャンマー沿岸天然ガス田の80%を経営しており、残り20%は日経企業のMitsui Oil Explorationが経営している。以前、主な国内電源は水力発電であったが、国の都市化と工業化が進むにつれての電力不足を解決するため、政府は2020年から液化天然ガス輸入を開始した。同年、1,250メガワットの液化天然ガス火力発電所建設について、日系企業に対し運営許可を発行した。 ――NEWS WEEK 2(76), p. 25

関連記事

【食品】外資企業が、Chin Stateでのコンニャク乾燥工場開設に関心あり

ミャンマー果物・花・野菜製品輸出協会(Myanmar Fruit, Flower and Vegetable Producer and Exporter Association:MFVP)によると、C... 記事を読む >

【衛生】淡水生産配給業に、外国投資を呼びかけ

Phyo Min TheinヤンゴンRegion首相は、ジェトロ主催のミャンマー‐日本高級水に関する商談において、Toe川プロジェクトを含む、淡水生産配給業での、外国投資を呼びかけた。ヤンゴン市内で配... 記事を読む >

ヤンゴンの工業区内で、購入した土地に施設などを建設しない区画に対し措置

Hlaing Thayar工業区縫製工場のマネジャーZin Ko氏によると、ヤンゴンの工業区内で地価が上昇し続けており、政府は上昇を制御するため、購入した土地で一定期間内に塀や施設などの建設を行わなけ... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)