Information

現地記事情報配信

ph_26

【電力】再生可能エネルギー分野での、外資を招待

2020.11.20 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

電力・エネルギー大臣は、10月26~30日まで、シンガポールで開催した、Singapore International Energy Week 2020(SIEW2020)のビデオ会議で、「ミャンマーは2020年に、全国の電力生産率の14%を、再生可能エネルギー分野で実施する予定で、同分野での外資を歓迎する。」と述べた。同省は、現在ミャンマー全国の55%に電力を配給し、2025年には全国の75%まで配給できるよう、力を入れている。2018年に液化天然ガス(LNG)の運営許可を発行し、2020年9月からLNGの電力配給を開始した。又、ミャンマー全国で、太陽光発電所30箇所の建設に関する入札を行い、現在入札成功企業が、事業を実施している状況である。同会議では、ミャンマー‐シンガポール両国の、電力・エネルギー分野での協力、石油・天然ガス生産促進、再生可能エネルギー分野区での投資状況、エネルギー政策プログラムでの協力、国境を超える電力配給企画実施状況、シンガポールから電力・エネルギー分野での支援状況、ASEAN Plan of Action for Energy Cooperation(APAEC)Phase-2(2021‐2025)の確定案件等について、会談を行った。 ――DAILY ELEVEN NEWS, p. 7

関連記事

【自動車】輸入車をReconditioned基準で検査するため、日本、韓国、ドイツ等と契約

Ministry of Commerceによると、輸入自動車をReconditioned基準で検査するため、日本、韓国、ドイツ等と契約し、輸入自動車をPre Shipment Inspection C... 記事を読む >

【金融】ミャンマー経済銀行が、中小企業向けの融資を実施予定

ミャンマー経済銀行(MEB)は、中小企業向けに、360億チャットを融資すると発表した。MEB銀行は、中小企業向けの、JICAの2ステップローンを実施するため、参加金融機関(Participating ... 記事を読む >

東ダゴン工業区の土地28区画を競売システムで貸し付け

ヤンゴン管区東ダゴン工業区の土地28区画が競売システムによって30年間貸し付けられる予定で、1エーカーあたり約7,000万チャットで競売が開始される。工業区議長U Myat Thin Aung氏によれ... 記事を読む >

  • 2020年11月 (16)
  • 2020年10月 (12)
  • 2020年9月 (27)
  • 2020年8月 (4)
  • 2020年7月 (28)
  • 2020年6月 (12)