Information

現地記事情報配信

ph_24

【電力】全国で実施予定のソーラープロジェクト入札で、中国企業が選出

2020.10.02 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

全国で実施予定のソーラープロジェクト29件に関し、電力・エネルギー省が入札を募集しているが、その内の27件のプロジェクトで、中国企業が入札に成功したとの情報が、同省の正式発表前に漏れた。同省は、2021年夏に向けて、独立発電会社(IPP)及びビルド、所有、操作(BOO)方式の太陽光発電プロジェクトからの、電力購入を目指して、ソーラープロジェクトの実施に関し入札を行った結果、国内外企業155社からの申し込みを受けた。その内の85%は中国企業であり、タイ、EU、アメリカ及び日本企業も含まれた。Smart Groupの課長が、「プロジェクトの入札に関し、電力・エネルギー省が定めた条件に、入札に参加する企業は、年収2,000万ドルを3年間連続して維持する必要があり、同条件は、国内企業に対し、大きな壁となっている。」と語った。 ――MYANMAR TIMES, 4(231), p. 7

関連記事

タイの携帯電話会社Jay Mart、ミャンマーで支店開設

タイの有名な携帯電話販売店であるJay Martは、ミャンマーでのビジネスの拡大を目指し、年末までに20店舗の支店開設を計画している。Telenor社とOoredoo社がミャンマー通信業に関する営業許... 記事を読む >

【不動産】投資者に対して70年間の土地賃貸権を与える

Kyaw Win計画・財務大臣によると、国内投資者のみならず国外投資者にも70年間の土地賃貸権を与える予定である。投資家が安定して投資できるよう、今後必要に応じて賃貸期間の延長も許可する予定で、政府の... 記事を読む >

【金融】韓国の銀行2行がミャンマーで投資

韓国のKookmin Bank(KB)とIndustrual Bank of Korea(IBK)の2行が、ミャンマーでの投資を決定した。同2行は、2016年のミャンマー初韓国銀行である、Shinha... 記事を読む >

  • 2020年10月 (8)
  • 2020年9月 (27)
  • 2020年8月 (4)
  • 2020年7月 (28)
  • 2020年6月 (12)
  • 2020年5月 (4)