Information

現地記事情報配信

ph_26

【商業】フランス拠点のCarrefour社が、ミャンマーで事業開始予定

2020.07.30 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

商業省によると、フランス拠点の小売・卸売企業である、Carrefour社が、ミャンマーで卸売事業を開始する予定である。ミャンマーの卸売業では現在、ドイツ、タイ及び日本の企業が投資している。現時点では、小売企業7社、卸売企業54社と、小売・卸売企業23社が、事業を実施している。商業省と駐ミャンマーフランス大使館、フランス商業団体の会談の結果、フランスからは今後、小売・卸売業以外にも、金融、融資及び銀行業や冷凍倉庫業等にも、投資の予定がある。 ――DAILY ELEVEN NEWS, p. 17

関連記事

Kayar州の観光産業発展のため、オランダがミャンマーを支援

オランダは、ミャンマーKayar州の観光産業発展のために、資金面での支援を行う予定である。国際貿易センター(The International Trade Center:ITC)によると、以前同州は交... 記事を読む >

【法制】外国人労働者法案を企業者へ提案

Ministry of Labour, Immigration  and Populationの報道によると、「外国人労働者法」の案が完成し、まもなく外国企業者へ提案する予定である。同法案は、国際労働... 記事を読む >

【法律】100日政策期間中に、外国人労働者法案を議会に提出

ミャンマー労働者・入国管理及び人口局の関係者によると、近年の海外投資の増加に伴い、国内の外国人労働者も増加している状況において、現在、外国人労働者を管理する法律が無いため、同局の100日政策期間中に、... 記事を読む >

  • 2020年8月 (4)
  • 2020年7月 (28)
  • 2020年6月 (12)
  • 2020年5月 (4)
  • 2020年4月 (4)
  • 2020年3月 (16)