Information

現地記事情報配信

ph_24

【観光】外資率35%超の合弁旅行会社の企業ライセンス延長が延期

2020.07.24 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

ホテル観光局副局長によると、外資率35%を超えた合弁旅行会社に対する、企業ライセンス延長が延期された。国内投資40%と外資60%のホテル観光企業が、ミャンマー投資法により、合弁企業として認められたが、新会社法により、外資35%超企業の場合は、外資企業として定められる。従来ミャンマー旅行業では、外資企業の営業が許可されてないため、外資率35%を超え、新会社法により、外資企業と定められた企業に対する、企業ライセンスの延長が、延期された状況である。旅行業者が、「投資法と新会社法の抵触で、今後の営業において困難な状況になる傾向がある。」と発言した。 ――MYANMAR TIMES, 4(148), p. 7

関連記事

【水産】ミャンマーの工場23軒からの水産品が、EUへの輸出許可取得

農業・灌漑省の漁業局は、ミャンマーの水産品輸出に関し、輸出先国の条件に基づいた品質保証のため、企業者と協力し合っている。従って、2019年から、欧州連合(EU)が定めたルールや規則に基づいて、国内工場... 記事を読む >

【保険】日本拠点のSompo保険会社とAyeyar Myanmar一般保険会社が合弁

計画・財務省は、7月31日に、日本拠点のSompo Japan Nipponkoa Holdings Inc社及びミャンマー国内企業である、Ayeyar Myanmar一般保険(AMGI)社の合弁を許... 記事を読む >

本年度のミャンマー投資額、タイが最多

計画経済開発省の副大臣Khin San Yi氏によると、本年度内にミャンマーへ直接投資を行う国の中で、タイが最多の投資量を記録している。2013年6月末までの海外からミャンマーへの投資 総額は8.1億... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)