Information

現地記事情報配信

ph_24

【商業】卸売り・小売り企業72社に対し、企業登録書交付

2020.02.03 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

商業省の12月19日の発表によると、2018年5月に、外資系の卸売・小売企業の国内営業が許可されて以来、72社に対する企業登録書が交付された。その内訳は、100%外資企業が34社、合弁企業が27社、国内投資企業が11社である。100%外資企業では、タイ、日本、シンガポールの企業が、もっとも多い状況である。100%外資企業の初期投資額は、卸売企業が500万ドル、小売企業が300万ドル(土地の賃借料を除く)必要である。国内投資が20%以上含まれている合弁企業の初期投資額は、卸売企業が200万ドル、小売企業が70万ドル必要である。又商業省は、外資系企業に対し、面積929平方メートル以下のミニマーケット、コンビニ及び商店の営業は許可しないと発表した。 ――VOICE, 15(46), p. 2

関連記事

【輸送】ミャンマーの輸送分野発展の為、2030年までに約600億ドル投資する必要

ADB(アジア開発銀行)の関係者によると、ミャンマーの輸送分野発展の為、2030年までに、約600億ドルの投資が必要である。現在、輸送分野への投資額は、GDPのうち1~1.5%程度で、約600億ドルに... 記事を読む >

【人材】海外投資事業により、Dawei市の不動産価格が上昇

Dawei市の不動産事業者によると、Dawei市の海外投資事業により、同市の不動産の販売価格及び賃貸価格が上昇している。賃貸事業者によると、不動産販売及び賃貸価格が上昇したのは、2016年における海外... 記事を読む >

【観光】Nat Ma Taung国立公園を訪問する国内観光客に対して入園料の徴収を開始

Chin State、Mindat県、Kanpatlet郡区に位置するNat Ma Taung国立公園の入園料が、変更になる。以前は、外国人観光客のみ、1名1万5千チャット徴収していたが、今後は、同S... 記事を読む >

  • 2020年8月 (4)
  • 2020年7月 (28)
  • 2020年6月 (12)
  • 2020年5月 (4)
  • 2020年4月 (4)
  • 2020年3月 (16)