Information

現地記事情報配信

ph_24

【商業】卸売り・小売り企業72社に対し、企業登録書交付

2020.02.03 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

商業省の12月19日の発表によると、2018年5月に、外資系の卸売・小売企業の国内営業が許可されて以来、72社に対する企業登録書が交付された。その内訳は、100%外資企業が34社、合弁企業が27社、国内投資企業が11社である。100%外資企業では、タイ、日本、シンガポールの企業が、もっとも多い状況である。100%外資企業の初期投資額は、卸売企業が500万ドル、小売企業が300万ドル(土地の賃借料を除く)必要である。国内投資が20%以上含まれている合弁企業の初期投資額は、卸売企業が200万ドル、小売企業が70万ドル必要である。又商業省は、外資系企業に対し、面積929平方メートル以下のミニマーケット、コンビニ及び商店の営業は許可しないと発表した。 ――VOICE, 15(46), p. 2

関連記事

【税制】経済発展が遅れている地域に投資する場合、所得税を免除

経済発展が遅れている地域に、より多くの投資家を引き付けるために、ミャンマー投資法案には、経済発展が遅れているRegionとStateに投資する場合、最低7年間所得税を免除するとの記載がある。Direc... 記事を読む >

【電力】ごみ焼却発電のため入札再開

5月12日のヤンゴン市開発委員会汚染管理清掃局担当者の発言によると、ヤンゴンの最終処分場であるHlaing Thayar郡区のHtain Pinと、北Dagon郡区のDawei Chaungに排出され... 記事を読む >

【観光】中小観光企業向けの融資を実施

MSMEs development subcommitteeは、中小観光企業開発に向けて、Yoma銀行及びMOB銀行と連携して、融資を行っている。融資は、Smart credit plus制度で、担保... 記事を読む >

  • 2020年2月 (12)
  • 2020年1月 (12)
  • 2019年12月 (12)
  • 2019年11月 (20)
  • 2019年10月 (12)
  • 2019年9月 (16)