Information

現地記事情報配信

ph_21

【金融】韓国の銀行2行がミャンマーで投資

2019.11.01 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

韓国のKookmin Bank(KB)とIndustrual Bank of Korea(IBK)の2行が、ミャンマーでの投資を決定した。同2行は、2016年のミャンマー初韓国銀行である、Shinhan銀行の投資後に、ミャンマーに進出してきた銀行である。IBK銀行のCEOによると、韓国政府はミャンマーの住宅開発についての覚書を締結しているため、主に低価格住宅の建設を支援する予定である。 ――NEWS WEEK, 2(16), p. 19

関連記事

外国人によるミャンマー国民名義での不正投資、縫製業が最多

Win Shein財務大臣によると、外国人がミャンマー国民名義で行っている不正投資は、縫製業で最も多く見られ、ミャンマー投資委員会が捜査した結果、不正行為の疑いがある工場が12軒報告されている。多くの... 記事を読む >

【縫製】ミャンマー繊維業に、約75万ドルを投資予定

報道によると、国際組織であるTurquoise Mountainの傘下Myanmar Artisans社と、英国国際開発省(DFID)のDaNa Facilityの協力で、ミャンマー伝統繊維業に関する... 記事を読む >

FMIと三菱商事・三菱地所が共同でホテルや事務所などを建設

ミャンマーの大手企業Yoma Strategic傘下のFirst Myanmar Investment(FMI)社と日系企業の三菱商事・三菱地所が共同で、ヤンゴンの繁華街にホテルや住宅などを建設する予... 記事を読む >

  • 2020年2月 (8)
  • 2020年1月 (12)
  • 2019年12月 (12)
  • 2019年11月 (20)
  • 2019年10月 (12)
  • 2019年9月 (16)