Information

現地記事情報配信

ph_26

【保険】日本拠点のSompo保険会社とAyeyar Myanmar一般保険会社が合弁

2019.09.06 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

計画・財務省は、7月31日に、日本拠点のSompo Japan Nipponkoa Holdings Inc社及びミャンマー国内企業である、Ayeyar Myanmar一般保険(AMGI)社の合弁を許可した。Sompo Japan Nipponkoa社は、2015年にThilawa経済特別区で、初めて営業許可を取得した保険会社である。2019年1月に発表された、計画・財務省の、保険企業の営業ライセンスに関連した発表に応じて、Sompo Japan NipponkoaとAMGIは、合弁会社としての営業許可を申請した。Sompo Japan Nipponkoaは、初期段階でAMGIの新規発行株の15%を購入して、取締役の選出を含む積極的な経営陣での参加の外、初期段階の2年以内に、Sompo Japan Nipponkoa社の株保有率を35%まで増やす予定である。又、AYA銀行と協力して、バンカシュアランス(銀行窓口における生命保険販売)事業を、合弁事業の主要事業として行う予定である。 ――KUMUDRA, 9(8) p. 15

関連記事

【税制】新ミャンマー投資法に従い、税金を免除

ミャンマー投資委員会の関係者によると、新ミャンマー投資法に従って、税金免除の対象となるRegionとStateのゾーンを決定する予定である。最優先のゾーン1に投資する国内外の投資家に対して7年間分、ゾ... 記事を読む >

ヤンゴンの工業区内で、購入した土地に施設などを建設しない区画に対し措置

Hlaing Thayar工業区縫製工場のマネジャーZin Ko氏によると、ヤンゴンの工業区内で地価が上昇し続けており、政府は上昇を制御するため、購入した土地で一定期間内に塀や施設などの建設を行わなけ... 記事を読む >

【栽培】南Shan Stateでアボカド栽培ゾーンを開発

ミャンマーのアボカド耕作・生産機構によると、南Shan Stateで海外市場と直接接続して販売可能な、アボカド栽培ゾーンを開発する予定だ。同ゾーンの広さは25,000エーカー以上あり、農業者1,500... 記事を読む >

  • 2019年9月 (8)
  • 2019年8月 (16)
  • 2019年7月 (12)
  • 2019年6月 (16)
  • 2019年5月 (16)
  • 2019年4月 (12)