Information

現地記事情報配信

img_08

【飲料】飲料販売ライセンス無しの販売者に措置

2019.08.23 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

飲料及び税関局によると、ヤンゴンRegion内で運営している、飲料の卸売、小売販売店を対象に、抜き打ち検査等を行った結果、ライセンス無しで販売したケースが発覚した。2019年4~6月までに、ライセンス無しで販売したケースが128件あり、販売者は飲料法で起訴された。法律上で、飲料ライセンスは41種類あるが、行政機関が許可した種類は32種類のみである。2018年度に許可した、飲料ライセンスは約4万件ある。 ――NEWS WATCH, 14(19), p. 14

関連記事

【税制】Chin Stateでの投資は免税だが、外国投資家はまだ無し

2016年10月に発表された投資法により、Chin Stateは「最も開発が進んでいない地域」の一部として認められ、同地で投資する場合、免税期間が7年間となるが、現時点では、投資はまだない。Salai... 記事を読む >

【観光】Nat Ma Taung国立公園を訪問する国内観光客に対して入園料の徴収を開始

Chin State、Mindat県、Kanpatlet郡区に位置するNat Ma Taung国立公園の入園料が、変更になる。以前は、外国人観光客のみ、1名1万5千チャット徴収していたが、今後は、同S... 記事を読む >

【不動産】コンドミニアムを、外国人へ長期住宅ローンで販売

建設業界の情報によると、コンドミニアム法が制定され、国内のコンドミニアムを、外国人へ長期住宅ローンで販売する予定である。68Resident Developerの責任者Aung Kyaw Win氏が、... 記事を読む >

  • 2020年2月 (8)
  • 2020年1月 (12)
  • 2019年12月 (12)
  • 2019年11月 (20)
  • 2019年10月 (12)
  • 2019年9月 (16)