Information

現地記事情報配信

img_08

【飲料】飲料販売ライセンス無しの販売者に措置

2019.08.23 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

飲料及び税関局によると、ヤンゴンRegion内で運営している、飲料の卸売、小売販売店を対象に、抜き打ち検査等を行った結果、ライセンス無しで販売したケースが発覚した。2019年4~6月までに、ライセンス無しで販売したケースが128件あり、販売者は飲料法で起訴された。法律上で、飲料ライセンスは41種類あるが、行政機関が許可した種類は32種類のみである。2018年度に許可した、飲料ライセンスは約4万件ある。 ――NEWS WATCH, 14(19), p. 14

関連記事

【税制】携帯電話及びその関連部品の販売に使用する印紙を発行

国税局の担当者によると、携帯電話等の不法輸入を防ぐため、6月1日より、携帯電話及びその関連部品を販売する際、領収書等に納税印紙の貼付を義務付けており、各郡区の税務署は販売者に対し、後払い制度で、印紙を... 記事を読む >

日本企業8社が中小企業への投資のために調査を実施

日本ミャンマー協会の責任者Thet Sein氏によると、ミャンマーの中小企業に投資するため、日本企業8社が11月8日に訪緬し調査を行う。訪緬する8社の代表者16人は、特にティラワ経済特区についての調査... 記事を読む >

【運輸】自然災害用のヘリコプター購入に向け、一般会社に公開入札を呼び掛け

救助及び国民保護局の責任者によると、ミャンマー自然防災委員会は、自然災害発生時に素速い救助活動に対応できるよう、自然災害用のヘリコプター購入に向け、一般企業に公開入札を呼び掛ける予定である。現在、自然... 記事を読む >

  • 2020年7月 (12)
  • 2020年6月 (12)
  • 2020年5月 (4)
  • 2020年4月 (4)
  • 2020年3月 (16)
  • 2020年2月 (20)