Information

現地記事情報配信

img_08

【飲料】飲料販売ライセンス無しの販売者に措置

2019.08.23 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

飲料及び税関局によると、ヤンゴンRegion内で運営している、飲料の卸売、小売販売店を対象に、抜き打ち検査等を行った結果、ライセンス無しで販売したケースが発覚した。2019年4~6月までに、ライセンス無しで販売したケースが128件あり、販売者は飲料法で起訴された。法律上で、飲料ライセンスは41種類あるが、行政機関が許可した種類は32種類のみである。2018年度に許可した、飲料ライセンスは約4万件ある。 ――NEWS WATCH, 14(19), p. 14

関連記事

【区域】Bago工業団地への外国投資が増加

11月9日に行われたJotun Myanmar工場の開会式での、Win Thein Bago Region首相の発言によると、Bago工業団地は、ヤンゴンの次に外国投資が多い工業団地である。Bagoは... 記事を読む >

【交通】2017年4月から環状線の向上に向け、入札を呼び掛け

ミャンマー鉄道局によると、2017年4月からヤンゴン市環状線の向上に向けた建設工事を開始するため、入札を呼び掛ける予定である。同向上計画の前期計画を2016年〜2018年内に、中期計画を2018年から... 記事を読む >

【栽培】果物栽培分野への海外投資がまだ無い

果物及び野菜類栽培事業者団体の責任者によると、国内の果物栽培分野に、現在までのところ海外からの投資が無いため、資金調達などの問題に直面している。先月同団体は、果物栽培分野へ海外からの投資を呼び込むため... 記事を読む >

  • 2020年3月 (12)
  • 2020年2月 (20)
  • 2020年1月 (12)
  • 2019年12月 (12)
  • 2019年11月 (20)
  • 2019年10月 (12)