Information

現地記事情報配信

ph_07

【電力】シンガポールと中国企業が協力し、Rakhine Stateで投資

2019.08.09 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

Rakhine State政府によると、シンガポール企業Huncheng International Pte.ltdと中国企業Shang Hai Hord Bright Industrial社が合弁し、同Stateで配電事業を含む4分野で、投資することに関し、打ち合わせが行われた。同2社は、Rakhine State内での、運輸、配電、エネルギー及び貿易分野で、約16億ドルを投資する予定である。現在同Stateには、シンガポール、韓国、中国及びインドからの投資があり、Kyauk Phyu経済特別区、Kaladan川開発プロジェクト等では、国内外投資家に対し、沢山の機会が創出できる状況にある。 ――PYI MYANMAR, 1186, p. 20

関連記事

【鉄鋼】鉄鋼製造工場がミャンマーで投資

外資企業である、PEB Steel Myanmar社は、3月29日に、Thilawa経済特別区において、鉄鋼工場を開設した。工場は、3万平方メートルの敷地に、約2,500万ドルの投資で建設され、1ヶ月... 記事を読む >

【金融】MAPCOは、ヤンゴン証券取引所で新たに1,600万株以上を販売予定

6月8日のMyanmar Agribusiness Public Corporation(MAPCO)の発表によると、同社は、新たに1,600万株以上を発行し、販売する予定である。2016-2017年... 記事を読む >

【縫製】英国がミャンマー繊維業に75万ドル投資予定

Myanmar Artisan社の担当者によると、同社は英国国際開発省傘下のDaNa Facilityと協力して、ミャンマー伝統繊維業に、75万ドル投資する予定である。起業は今後2年以内に実施する予定... 記事を読む >

  • 2019年8月 (12)
  • 2019年7月 (12)
  • 2019年6月 (16)
  • 2019年5月 (16)
  • 2019年4月 (12)
  • 2019年3月 (20)